<   2018年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

下荒田のスキップフロア4


市街地のコンパクトな敷地で一本でも樹木を眺めたり、その木陰で休んだりするスペースがあると、その一本の樹木が暮らしの中で大切な役割を果たしてくれると思います。下荒田の家はスキップフロアになっていて、2階にダイニングキッチン、2.5階にリビングを配置してどちらの部屋からも、その一本の樹木を眺めることができるように窓を設けてあります。

その樹木は玄関のアプローチの途中に植えこまれるので、家族が家に帰ってきたときに樹木の近くを通って家の中へ入れるような動線計画としています。

a0244794_06485461.jpg

6mの高さを持ち、枝が開き過ぎていない樹形のものを持ってこようと考えています。

a0244794_06484879.jpg

by vegablog | 2018-06-30 21:48 | Comments(0)

朝日とともに @西陵

朝日とともに @西陵



a0244794_05554310.jpg

1 住まい手さんとの出会い

2017.05

下の息子さんが誕生し、ようやく日があけ、次の日がお宮参りという日が初めての出会いでした。

奥様のご実家の近くに家を見学できるところがあると、

”ショーホーム あんどの家”遊びにいらしたことを今でも鮮明に覚えています。

a0244794_06101169.jpg
a0244794_06095897.jpg

ゆっくりと初めてのご案内。

なんとなく家の雰囲気を体感していただき、

家づくりの流れをご説明させていただきました。

ご夫婦と、娘さん、息子さんの4人家族。

2人目にも恵まれ、そろそろ賃貸では狭くなってくるなと感じ、

奥様の育休中に家づくりを進めたいというお気持ちでした。

ご主人のご実家は遠方の為、

土地は奥様のご実家の近く。

奥様が仕事に復帰したときに、

子育てのお手伝いをお願いするためでした。




2 家づくりの進め方

まずは勉強から!!

ご夫婦でセミナーにほぼ参加。


① 資金セミナー

まずは、自分たちの支払っていける金額をご夫婦で把握。  

ライフプランにてお金の大切さと家づくりだけではない、

教育資金、老後の生活資金、税金等も考慮しながらの予算把握。

それと金利のこと借り入れのこと、繰り上げ返済のポイントなどを共有しました。



土地セミナー

土地探しのポイントとコツ。

エリアが決まっていたので、なかなか売地がでない地域。

情報があふれている今の世の中に

実際に土地を探した方のアドバイスを学ぶセミナーでした。


エスコート、バスツアー

実際に住まわれているお宅に見学へ。

土地探しでよかったポイントを住まわれているかたから教えていただき、

即実践。家の大きさや住んだあとのイメージを膨らませました。

a0244794_06241643.jpg

いよいよ土地探し

土地を探し始めて1か月ほどで

候補の土地が決まり不動産にも連絡。

買付証明も出し売主さんと交渉していただくとき、

突然の土地の売り止め。

せっかくここで決めようと思っていたからこそ

、ご夫婦でかなりのダメージをうけておられました。

”こんなこともあるものですね。勉強になります。”

と笑顔でとおっしゃっていただいたのを

心が痛くなりながら話を聴きました。

それから、1~2か月、目に留まる土地はでてきませんでした。

やはり土地はご縁です。

でもあきらめずにお施主さんと二人三脚で土地を探している矢先!!

いつも挨拶に行っていた不動産から家付きですが、譲ってくださる方がいるとの情報が入り

あわてて土地を見に行きました。

東側に道路、環境もよい土地。

ただ、デメリットは南側に家があり南の日差しを入れるのに建物に工夫が必要な土地でしたが、

建物の工夫で120点にすることができる土地でした。

土地を見に行ったときにすぐに感じたものは、東にひらく家。

光を東から取り入れ、明るい家がいいと、住まい手の希望する家ができると。

そして、人のご縁があさひの上がる方向から入ってくるといいなと思った土地でした。


3 70点から120点へ


土地探しをするときに、よく話をします。
どんな、ご家族にも優先順位があり
100点の土地はなかなか探すことは困難です。

例えば、金額をかければ、良い土地に出会えるのは当然ですが
家づくりの予算のなかでは総予算があり
その予算内で、ご家族で優先順位を決めていきます。
・利便性
・環境
・学校への距離
・日当たり
などなど。

鹿児島市内は平野が少ない土地です。
なので、山を削って団地にして家を建てることが多く
鹿児島市内は家が密集している土地が多いのです。
こちらの住まい手さんも、
優先順位をきちんと立てて、西陵という団地を選びました。
南側に大きな2階たての家が。
平屋希望。
日当たりを重視しているご家族だったので
東側から光を入れて、南の日差しは中庭からとる。
建物を工夫することで、土地を120点に。

土地には不思議な力があります。
その力をよみとり、
そのご家族の色とあわせる。
そうすると、その土地に馴染み、
住まわれるご家族の新しい色が見つかるのです。

a0244794_06331156.jpg

a0244794_06403596.jpg

中庭。
そこには、理由があります。
住まい手のこだわりの光を是非体感していただけたらと。

4 人の縁

土地も決まり、プランも決定。
銀行の申し込みや解体の準備、地鎮祭と毎週なにかと順調に打ち合わせが入りました。


住まい手さんも、
みなさん同じように最後まで悩んでいることもあります。
ただ私たちは必ず、小さなこともお伝えしていたくように話をします。
全部は難しいですが。
お伝え出来ないときは、自分を感じられるようにしてしておきたいと心がけています。

それは、きっと出来上がったときに、
同じ形でも気持ちが違うと思うからです。
形やデザイン、空間には一つ一つ意味があるので
悩んでいる意味をきちんと理解してもらってから、かたちにしたい。
そう思うからです。
言いたくないこと、踏み入れてほしくないとにも、
ときには深く話をしなければなりません。
だからこそ、人とのご縁は大切にしたいと思います。

私たちはチームで家を作っていきます。
女性、男性、プランナー、
申請担当、図面を描くスタッフ、経理、大工、職人さん。テクニカル。ディレクター。
小さなご縁の連続です。

そして、ここの家の棟梁は
ベガハウスの社員大工の中池です。
中途採用でご縁がありベガハウスに大工として入り、
今年棟梁として初めての物件をお願いすることになりました。
なにかのご縁でしょうか、
入社して初めての物件も私の現場の物件でした。
そして、場所もこの西陵。
上棟式の時に、
強い思いがここの家にあることをご家族に話をしてくださいました。
きっと思いが届いたのでしょう。
住まい手のお父様たちと意気投合して楽しい上棟式になりました。
こちらが、棟梁!!
a0244794_21104257.jpg
男前です。

そして、現在工事中の近くに、ベガハウスでリフォームをしたお家があります。
そこのオーナーさんはもともとお住まいの方も知っておられて
そして新しく入る方ともお知り合いになりたいと、とても喜んでおられます。
小さな人と人とのつながりが、家づくりを通してつながっていくと
嬉しく思います。

5 手

家づくりは、たくさんの方の手でつくります。
もしかすると、長い家づくりの作業で1日、2日だけで終わってします、職人さんもいらっしゃいます。
住まい手さんの思いを形にするのは、
たくさんの手が必要になります。
これは、私の手です。
a0244794_13361055.jpg
女性らしくない、ゴツゴツした手ですが、今の時期は外仕事も多く真っ黒になります。
でもこの手がすきです。いままで、経験したものがたくさんこの手には詰まっているからです。
同じように、いろんな人の手が携わり
形にしていく。
a0244794_13323418.jpg
a0244794_13330684.jpg
a0244794_13324690.jpg
a0244794_13334446.jpg
a0244794_13322392.jpg
a0244794_13332583.jpg

とても素敵な作業です。



6 庭の時間



建物も仕上げに入りました。
きれいな、光が天窓から入ります。
a0244794_06034124.jpg
建物も庭も光が大事です。
その光をうまくいかせること。
南の日差しから影をつくる落葉樹の配置。
緑の濃い常緑樹は優しい光を反射します。
そうして、ここちのよい庭の時間を過ごすことができるのです。

a0244794_06040127.jpg
中庭には、石土間がはられます。
石を敷く下地には、外壁で使われたシラス壁のかき落としたあとのものを少し利用しました。
石が安定して材料の相性もよいです。
a0244794_06051202.jpg
a0244794_06045059.jpg
a0244794_06042957.jpg




by vegablog | 2018-06-30 06:27 | ■家づくりレポート | Comments(0)

暮らしを愉しむ家 @伊佐市大口

暮らしを愉しむ家1

遠くの稜線を取り込み周辺からの視線を抑える
ために高い位置に窓を設け
庭の景色を取り込むために低い位置に窓を設け
暮らしに景色とという豊かさを取り込むお家を現在基礎工事中。
a0244794_06472475.jpg

オーナー様のご要望は窓を開けていても周辺環境が気にならないお家がいいというご要望
窓の開け方で雰囲気が変わります。
a0244794_06490088.jpg

完成までが楽しみです!

清水

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
暮らしを愉しむ家2

a0244794_13352809.jpg

暮らしを愉しむ家基礎工事現在基礎工事中です。
写真は基礎の養生中。

周辺は南西の方向に景色が広がっているます。
ここでは南面に身長ほどの窓を設けると道路からの視線が気になってしまうので
敢えて高い位置に窓を設けて部屋の採光をとり庭の景色を取り込む窓は1メートルほどの高さにしています。

お家の中での暮らしはもちろんですが、外とのつながりを持たせることで初めて部屋の中での
暮らしが豊かになり愉しめる様になるのだと思います。

天気が良ければ今週中に建物の躯体が立ち上がります。
次回は建て方の様子をお伝え出来ればと思います。
a0244794_13361598.jpg
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暮らしを愉しむ家3

こんにちは
最近は一段と梅雨らしい天気になりました。

先日梅雨の晴れ間に伊佐市大口にて建て方を行いました。

a0244794_18443579.jpg

じめじめした気候の中で総勢7人の大工さんで木造の骨組みをくみ上げました。
全体像はまだお見せできませんが、のびのびとした土地に対して屋根が低くこじんまりとしたお家になりました。

窓が部分部分で切り取られていて遠くの景色を取り込むような形で窓が配置されています。
a0244794_18444409.jpg

ただいま大工さんが外壁を工事中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暮らしを愉しむ家4

a0244794_14074853.jpg
建て方を終えて先日は上棟式でした!もうこんな風景も少なくなったそうです。
また地方によってはお餅の中にお金が入っていたり、その地域の踊りをしたり、一番屋根の高い位置に置く餅は棟梁に渡すといったりとすこしづつ違うみたいです。
どれもお祝い事なので華やかで出席する人全員が幸せな気持ちになるのが上棟式です
同じ鹿児島でも地方に行くことが多い私(清水)はいろいろな経験をさせていただいて幸せいっぱいです!笑


いまだに鹿児島弁がわからないことももありますがいつも丁寧に教えてもらっています。

ただいま断熱工事が終わり、いまは外壁回りの工事を行っています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暮らしを愉しむ家5

記録的な猛暑が続きますね。手拭いを朝家に忘れてきた時の絶望感は計り知れないです。

この話題を共有できるのは社内で幸野のみです。
清水です。

さて今回は工事中の伊佐のお家ー暮らしを愉しむ平屋。

工事もだいぶ進み、大工工事も終盤です。
残すところは家具を大工さんが仕上げていきます。

このお家の一つの特徴でもある家の中心にあるダイニングテーブル。
ここを中心に動線ができています。


実際に制作する前には細かなディテールなどの検討を実寸で検討して周りの家具との干渉はないかなど調べいきます。


赤ペンを入れて実際に形として出来上がる前に何度も検討することでより美しいディテールができます。


幸野、日置でどんな検討をしているのでしょうか?
完成が楽しみですね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暮らしを愉しむ家6

次回はこのダイニングテーブルが取り付いてるのが見れます!
台風が変な動きをしましたね!
この時期は暑さで寝相が変になる清水です。

夜寝た時と朝起きた時の頭の向きがよく違います。


▼前回紹介したダイニングテーブルが完成しました!!


▼実際に取り付けてみると角がなくどこに座っても食事をとりやすい形になっています!

▼見る角度によって全く違う雰囲気のダイニングテーブルに見えます!


▼キッチンダイニングから窓を見ると遠くの稜線が見え今の季節だと緑が深くなってきていて涼しささえ感じられます。

現在左官工事中です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎2018ショーホーム@鹿児島市山田町 好評公開中!
10:00-17:00平日[予約制]/土日祝[予約不要]
※ショーホームにつきまして、毎週水・隔週木曜日は定休日とさせていただきます。

a0244794_17595868.jpg

VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by vegablog | 2018-06-29 14:35 | ■家づくりレポート | Comments(0)

建て方@志布志市志布志町

今日は寝不足の方も多いのではないでしょうか。
ワールドカップ、決勝トーナメント、楽しみですね。

さて、昨日は志布志に建築中のお家の建て方でした。

天気も心配されましたが、無事、棟があがりました。

終わって、棟梁もこの表情。

a0244794_14131770.jpg
片付け中には、お施主様も遊びにきてくださいました。
a0244794_14154215.jpg

こちらのお家は、三姉妹のお子さんがいらっしゃるのですが、

一番上のお姉ちゃんが、

「お家、どこになにがあるか全部覚えてるよ!」

と説明をして回ってくれました。

「ここがリビングで、ここがダイニング、ここお風呂~

ここはわたしの部屋~!お~広いじゃん!」

と楽しそうにしてくれました。


楽しそうな笑顔に元気をもらった一日でした。








これまでをまとめた記事はこちらから ↓ ↓ ↓




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎2018ショーホーム@鹿児島市山田町 好評公開中!
10:00-17:00平日[予約制]/土日祝[予約不要]
※ショーホームにつきまして、毎週水・隔週木曜日は定休日とさせていただきます。

a0244794_17595868.jpg

VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by vegablog | 2018-06-29 14:24 | [赤﨑blog] | Comments(0)

土台敷き込み@志布志市志布志町

梅雨とはいえあんまりにも連続で雨が降りすぎでしたね。味園です。

梅雨の晴れ間を見計らってようやく建て方の段取りができました。本日は土台敷きといって、基礎の上に角材を這わせていき、床を貼るために合板を捨て張りしていく作業をいたしました。

a0244794_22415879.jpg

大工さんは大隅半島担当でベガハウスでは大ベテランの小畑・川原さんペアになります。

基礎にはアンカーボルトやホールダウンアンカーなど、家としっかりと緊結するための金物が出ています。それを通すために土台の角材に穴を開けています。

明日も引き続き土台を敷き込み、明後日には建て方となります!雨が降らないことを祈っております。
a0244794_22510215.jpg
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎2018ショーホーム@鹿児島市山田町 好評公開中!
10:00-17:00平日[予約制]/土日祝[予約不要]
※ショーホームにつきまして、毎週水・隔週木曜日は定休日とさせていただきます。

a0244794_17595868.jpg

VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by vegablog | 2018-06-26 22:33 | Comments(0)

築4年目 深い軒と車寄せのある平屋



すーっとのびた屋根がとってもシャープで美しい
a0244794_19344485.jpg
高いビルも建つことができる地域
ぐっと軒(屋根)の出を深くして
見おろし対策

a0244794_19351678.jpg
ここの道沿いは桜並木が続いている

a0244794_19340644.jpg
ということで街並みを守り、溶け込みながら暮らしを愉しむ
桜を楽しみながら外で食事も
周りの視線を気にせずにできるように配慮

a0244794_19450035.jpg
角地ならではの、ぐるっと回れる車寄せ









by vegablog | 2018-06-26 05:50 | [長田blog]  | Comments(0)

みんなで座る。 @伊集院 猪鹿倉

みんなで座る@伊集院 猪鹿倉

7月に見学会を開催する家は
みんなで座る。という家です。



(住まい手の思い1)
平屋だけど、ちょっとした階段がほしい。
変形地で高低差がある土地に
土地にも
建物にも
あえて、段差を設けて
いろいろなところに腰かけれるような家になっています。

a0244794_12055113.jpg




a0244794_12063365.jpg

a0244794_23021117.jpg
(住まい手の思い2)
家を建ててやってみたいこと。
外で食事を楽しみたい。
そんな思いを外に出なくても
家の中でも外を感じられる土間のダイニングスペース。

土地を選ぶときにも、
どんな暮らし方がしたいのか要望ときちんと向き合って
土地探すことも大切です。


2
工事も大詰め。足場(工事期間に回りに櫓をたてているもの)もはずれ
家の全体像がみえてきました。
模型と同じようにできあがっています。
周りの環境になじむように、こちらの家は焼杉を外壁にえらびました。
鹿児島の緑は濃いみどりです。
自然な黒の色となじむとつくづく思う。

a0244794_05245030.jpg
a0244794_05263991.jpg

3
アプローチ。
小さな高低差。
玄関にあがったときに北の山並みがみえる。
階段を上がりながら、遠くの山を眺めるのも楽しい。
a0244794_21130599.jpg
黒の焼杉と鉄骨の手すり。
子さんたちが鉄棒のように使いそう??
なんて、想像しながら
少し、いつもより太め。
外壁の焼杉とバランスをとりながら。
ご近所の子どもさんたちのたまり場になりそう。笑
土間は、骨材をみせる
コンクリートの洗い出し。

  
a0244794_06412870.jpg


内装工事も着々と。
外の足場はとれ、内部の足場をかけ
きれいに仕上げていきます。
平屋なのに、天井が高いからです。
外の光を反射する、きれいな壁になります。



a0244794_20265331.jpg



庭の工事もそろそろ樹を選びに行く時期になりました。
今回のシンボルツリーはヤマボウシとフェイジョアです。
お施主さまのご主人と奥様の植えたい樹をひとつづ。
どう組み合わせていくかは、よく考えながら。



a0244794_23023802.jpg
高さを考えながら、高いところの窓から緑や花の顔がこちらへきちんとむくように。
窓からこの緑が見えるといいなと思いながら。
さあ。どんな庭に仕上がるのか楽しみです。




 家具を入れる。

さて、見学会も今週末。
やっと、家具も今週到着します。
ソファーもTV台も造作ではなく置き家具で今回は対応していきます。


ソファー
園田椅子:PATATE パターテ  
安定感のあるどっしりとしたソファー。
座ると、優しさに包まれる感じがします。
座面の横の木は、ずっと触っていたくなるようなディテール。
広めになっているので
サイドテーブル変わりに使えます。
a0244794_04573835.jpg
TV台
秋月木工:JABARA TV‐board
サイドに蛇腹の戸がついていて
開けても閉めてもいれいなデザイン。
仕舞うものを楽しめるTVボードです。

a0244794_05031715.jpg
今回この家具を選んだのは
あんどの家で見学したときに
なぜか、奥様と息子さんが
ずっとゆっくりとしていた場所にあった家具。
ご家族に嫌味なく
きっと、このスペースにしっくりくると思い提案しました。


建築も家具も出会いってあるんだと
しみじみ思います。
素敵な出会いを。







by vegablog | 2018-06-24 23:28 | [廿枝blog] | Comments(0)

現場訪問7つ道具

今日もお昼に現場に行ってきました。
やっぱりモノづくりの現場が好きだなぁと、つくづく思います。
こんばんは、織田です

私は現場監督では無いので、必要が無いと言えば無いのですが・・・
時間を見つけては、いそいそと現場へ出かけています。

そんな現場訪問の為に、車に常備する物が徐々に増えてきました。
ジャーン!
a0244794_21542901.jpg
安全の為のヘルメット
雨の日用の雨靴やカッパ
室内用のクロックス
ちょっと作業用のグローブやハサミや厚手のペーパーetc

現場に行って何をしているかというと。。。

構造を見て勉強したり
現場の掃除をしたり
ちょっとした作業をしたり
写真撮ったり
安全チェックをしたり
完成をイメージしてワクワクしたり
職人さんとお喋りしたり、、、

半分仕事で半分遊び? 
まあ、楽しく過ごしています(笑)


今日は日曜日だったので、現場には誰も居ませんでしたが、平日に行くと職人さんが居るのでまた楽しいです。
やはり現場で働く男たちはカッコいいです。

・・・ということで
ベガハウスで働くカッコいい職人さん達を一挙ご紹介!

心地よい住宅を作り上げる為に、みんな真剣です!

a0244794_21543910.jpg
a0244794_21543962.jpg
a0244794_21544097.jpg
a0244794_21544090.jpg
a0244794_21544071.jpg
a0244794_21544070.jpg
a0244794_21544064.jpg
a0244794_21544035.jpg
a0244794_21544131.jpg
a0244794_21543998.jpg
a0244794_22184625.jpg
a0244794_22184642.jpg
a0244794_22184561.jpg








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎2018ショーホーム@鹿児島市山田町 好評公開中!
10:00-17:00平日[予約制]/土日祝[予約不要]
※ショーホームにつきまして、毎週水・隔週木曜日は定休日とさせていただきます。

a0244794_17595868.jpg

VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by vegablog | 2018-06-24 22:20 | [織田blog] | Comments(0)

土間洗出し @伊集院猪鹿倉


梅雨に入り、連日雨模様ですが、時折見せる晴れ間が気持ちいいですね。
暑いですが・・・上塘です。


伊集院猪鹿倉の現場は仕上げ工程も大詰め。
本日は雨が上がったタイミングを見計らって、玄関土間の洗い出しをしました。


洗出し仕上げとは、、

表面が乾かないうちに、表面を水で洗い流し、砂や小石などの骨材を浮きだたせる仕上げのこと。
コンクリートを打設した後、表面にコンクリートの硬化を抑える遅延材を散布して、表面だけを水で洗い流します。
遅延材を散布した後の洗い流すタイミングが難しいのですが、
いつもベガハウスの外構をお願いしている職人さんはこれをきれいに仕上げてくれます。

a0244794_06412239.jpg

a0244794_06412870.jpg

a0244794_06413363.jpg

コンクリートの中に混ぜる骨材の素材や大きさを変えることで、洗出しの表情も大きく変わります。

ベガハウスのおうちを見に来られる際は、ぜひ土間仕上がりに注目して見てみてください。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎2018ショーホーム@鹿児島市山田町 好評公開中!
10:00-17:00平日[予約制]/土日祝[予約不要]
※ショーホームにつきまして、毎週水・隔週木曜日は定休日とさせていただきます。

a0244794_17595868.jpg

VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by vegablog | 2018-06-24 06:42 | Comments(0)

下荒田のスキップフロア


1
a0244794_22325868.jpg

街は商業施設や、学校、公園などあらゆる生活の機能が

徒歩圏内に備わっています。

荒田地区も密集地で様々な施設が

混在している地域です。

便利な反面、土地の規模が小さかったり、

目の前に大きな建物が建っていたりするため、

どのように安心できる家を作るかが

とても大切になってきます。




a0244794_22323038.jpg

この模型は、荒田地区に計画中の建物です。

27.7坪の敷地を最大限利用して

駐車スペースと居住空間、

さらには少しの緑も暮らしに取り込みたい。

そんなご家族のための家です。



a0244794_22325141.jpg

スケッチでは敷地の調査で構想した案を

クライアントさんとの打合せで描いたものです。

駐車スペースと二階ダイニングをつなぐ間に

中二階を挟んで家全体をスキップフロアとしました。




前面道路向かいにはマンションも建っているので

見下ろしを防ぐために道路側前面には格子を設置

その内側に庭を設けて木を植えるスペースを確保しました。

どのフロアからも格子の内側に立つ樹木を

眺められるように、

小さな坪数の敷地の中でも

視線が抜けて大きく空間を感じられるように、

間取りを組んで、

壁を配置しています。



百聞は一見にしかず。

見学会を行わせていただきます。









2

下の写真はこの家を決定付ける部分です。


向こうが抜けて見えるので、空間を広く感じるための工夫で、一部屋でも二部屋分くらいの広がりを感じると思います。

どのフロアに居ても倍の広さを感じます。



a0244794_21483646.jpg



3

下荒田のスキップフロアには格子が使われています。

何故格子を使うのかというと、

街中の暮らしでは、道行く人の視線が気になるもの。

京都の建物を想像してみてください。

道には歩行者が大勢行き来します。

現代の車ではなく、ゆっくりとした移動スピードです。

京都の通りに面した建物は大勢の歩行者にのぞかれる運命です。

ではどうするのか。

格子です。

視線をやわらげ、昼間外が明るい時は、

中が暗くて、歩いて動いている分にはほとんど中が見えない、

となります。

昔ながら、往来からの視線の問題はあったことでしょう。



こんな建物を見たことがあります。


a0244794_19434012.jpg


愛知県の大学敷地内にある建物です。

吉村順三さんという建築家の設計です。


大規模な建築に格子を発展させるとこんな作り方もあるんだと。

昭和のモダニズム建築にはルーバーがかなり使われていました。


その原点は京都の格子でしょうか。

では京都の格子の始まりは?

いつか突き止めます。



というわけで時代をこえて、現代の住宅にも格子は有効に働いてくれます。






4

市街地のコンパクトな敷地で一本でも樹木を眺めたり、その木陰で休んだりするスペースがあると、その一本の樹木が暮らしの中で大切な役割を果たしてくれると思います。下荒田の家はスキップフロアになっていて、2階にダイニングキッチン、2.5階にリビングを配置してどちらの部屋からも、その一本の樹木を眺めることができるように窓を設けてあります。

その樹木は玄関のアプローチの途中に植えこまれるので、家族が家に帰ってきたときに樹木の近くを通って家の中へ入れるような動線計画としています。

a0244794_06485461.jpg

6mの高さを持ち、枝が開き過ぎていない樹形のものを持ってこようと考えています。

a0244794_06484879.jpg










5
スキップフロア同士の繋がりを図で表すと


a0244794_06204659.jpg




このようになります。
普通の家だと壁や建具で仕切っていく部屋同士を、
段差を利用してやんわりと区切ることができます。

上下で隣合う部屋同士は
お互いに関連するものを配置していき
階段スペースを挟んで
お互いの部屋を補い合います。

例えば
子供室と書斎は
隣り合っていて
上階の子供が勉強に使うこともできますし
畳敷きなので
下階のリビングにいる時に
眠くなったら
昼寝をしに行くこともできます。

そしてどちらの部屋からも
樹木を眺めることができるような場所に
地面の高さで庭を作っていきます。







6
スキップフロアの外側には格子があり、
この格子が街から暮らしを分けてくれます。

工事も大詰めになり
格子が全貌を現しました。
a0244794_19194007.jpg



この格子の中に植栽が入ります。
格子の中は外部空間です。




a0244794_19193074.jpg



室内→窓→樹→格子→道路

の順番で景色がつながっていきます。



6

街中の3階建ての家に光と広がりと緑があります。


アプローチの木は各部屋に緑と風の気配を与えてくれ、

各部屋は関連し合って、広がりをもたらし、

階段をすり抜けた光はいたるところに届く。





a0244794_19400540.jpg

a0244794_19400629.jpg


a0244794_19400685.jpg

a0244794_19420373.jpg


a0244794_19400510.jpg

a0244794_19400520.jpg


a0244794_19400467.jpg


by vegablog | 2018-06-23 19:44 | ■家づくりレポート | Comments(0)


VEGA HOUSE スタッフの日々の出来事


by vegablog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■見学会情報
■イベント情報
■家づくりレポート
■お知らせ
■ベガイク
■スケッチが形に
■ディレクターの仕事
[大迫blog]
[坂元blog]
[福迫blog] 
[長田blog] 
[幸野blog]
[小斉平blog] 
[廿枝blog]
[味園blog] 
[谷blog] 
[清水blog] 
[広報blog]
[織田blog]
[日置blog]
[赤﨑blog]
[上塘blog]
[植田blog]
[高木blog]
[上大川blog]
[石亀blog]
[研修生BLOG]

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

記事ランキング

画像一覧

検索