<   2018年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

家と読書

本を読むことは
その場にいながら
遠くへ旅をすること
ではないかと思います。


「日々にきちんと祝杯をあげよう」
と誰かが言っていました。

読書は
日々を
家の中の
その場で
特別なものに変える
一つの方法ではないかな
と思います。


自分で経験し得ないこと
共感できることや
描写された様々な場面
と遭遇できます。


ただし
まとまった文章を読み切るには
人それぞれ時間が必要です。


パラパラ拾い読みをするのも
もちろん楽しいですが
このブログは
家に関することを
テーマにしているので
家具に絡めた
ある一つの読書術を。

それは
「背表紙流し読み法」
です。
勝手に今日から提唱させていただきます。笑


棚に並んでいる
本たちの背表紙を
ただお酒を飲みながら
順番に眺めていく
というものです。


一度読んだ本は
背表紙から
中のストーリーが
よみがえってきます。

印象に残る断片
ある出来事の流れ
主人公のセリフ
主人公の妹の表情
名作家具の脚の形のディテール
丘の風景の絵画
おいしそうな食卓の風景

あげればきりがないですが
背表紙から
(背表紙のタイトルはもちろん
その厚みや素材やフォントなど)
色々なことが
ぱっぱと
頭に浮かんできます。


これは大変楽しいです。
本棚があると
もう一度読まずとも
旅はできます。

さらに言えば
一度も読んだことのない
いつか読みたい本が
ぽつぽつと
混ざって並んでいたとしても
想像するだけで
充分楽しいです。


本棚はある意味
「窓」
かもしれません。


a0244794_2265656.jpg


↑こちらはあるお施主さんの本棚のある居間




by vegablog | 2018-03-31 22:09 | [谷blog]  | Comments(0)

今年も季節が駆け足で過ぎて行きますね。

3月も今日で終わりです。

出会いの春に何かいいことありそうな(^^♪福迫です。


今まで鹿児島の桜は・・

4月初め入学式の頃、満開を迎えていたようですが

今年は例年になく桜が早く咲き始め

3月下旬の今、もう桜色の花びらがヒラヒラと舞っています。


寒い冬が過ぎて 春の訪れを知らせてくれる桜は

パッと華やかに咲き誇り はかなく散ってしまう・・

悲しいけれど、これが日本の美しい春の風景ですね。

歳を取るごとに 桜の美しさに魅了され

日本文化になくてはならないその風情に
’日本の心’を感じています・・。

a0244794_20321275.jpg


by vegablog | 2018-03-31 20:33 | Comments(0)

大工道具

弊社のある石谷町には、いろいろな種類の桜が点在しています。
この時期の石谷はオススメです。オオサコです。

先日、川崎市にある丸晴工務店さんにお伺いさせていただきました。
本や展示でしか見たことがなかった、大工道具がそこら中に
身近に、いい意味で無造作に置かれているのです。

会長さんは大工のたたき上げで80歳ととてもお元気で
これまでの修行時代や工務店の経営方針、道具の大切さなどを、教えて頂きました。

a0244794_17333046.jpg
a0244794_17331591.jpg
『良い道具を大切に使う。』

初心に戻り、基本を大切にしていこうと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
a0244794_17595868.jpg

VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by vegablog | 2018-03-30 17:47 | [大迫blog] | Comments(0)

照明の役割

こんにちは。なんだか最近顔が痒い気がします。
花粉症でしょうか。でも春が好きです。赤崎です。


今日はベガハウスの照明の考え方についてのお話しです。
a0244794_15424210.jpg
よく、見学会やショーホームで
「照明はこれだけですか?暗くないですか?」
という声をいただきます。

たしかに、ベガハウスでは昼間のように明るい照明計画は行っておりません。

住宅は、オフィスや商業施設などと違い、落ち着くための場と私達は考えています。
そのため、リビングや寝室の照明は夜の眠りにつく準備をするように計画しています。
キッチンやカウンターなどの作業を行う場所はしっかりと照度がとれるようにしています。

具体的には、落ち着くための場は、できるだけ照明を横に。
活動的な場には、できるだけ照明を上に。
照明をつける位置を変えています。
これ、実は、太陽の動きに合わせています。

人が活動的になる時間、お昼に太陽は南、つまりは上にあります。
人が活動をやめる時間、夕方に太陽は西、つまりは横にあります。

太陽の動きに合わせた照明計画、
照明の心地よさ、体感されてみませんか?



by vegablog | 2018-03-30 10:00 | Comments(0)

隅木を納める!

満開の桜も散り始め暖かく過ごしやすい季節になりました。社員大工の中池です!
今日は先日の東串良の現場の建て方の様子をご紹介します。
a0244794_22013477.jpg

a0244794_22030603.jpg

a0244794_22041598.jpg
写真はリビングの屋根にかかる隅木。幅は45cm、長さは7mもあります。軒先の天井やその他の梁、屋根の勾配とからむためプレカットでの加工が難しく大工さんによる現場加工となります。ベテラン大工さん達が腕の見せ所と言わんばかりに複雑な計算をし、加工していきます。その時の会話を近くで聞いていたのですが何の事かさっぱりでした 笑
隅木は見事に納まり「経験」というのを見せつけられた日になりました!これもまた経験ですね!
a0244794_22135602.jpg
a0244794_22163626.jpg

a0244794_22164987.jpg


by vegablog | 2018-03-29 21:57 | Comments(0)

庭のありかた

桜が満開です!春ですよ!春!
車を運転していても、道を歩いていても、春がふわふわルンルンと広がっています
あ~飲みたい!っていつも飲んでいますが。笑 長田です。

a0244794_10125626.jpg
▲見てください。こちら。お庭で花見です!夜桜。最高ですね!
石畳に置かれた外ダイニングテーブル。ここでお酒を愉しむそうです。スペースはあまり広くはありませんが、プライベート感もあって楽しそうです。

今日は「庭のありかた」について…

どうでしょうか。お庭。
a0244794_10123087.jpg

「お庭は手入れができないので、木は植えたくないなぁ」
「BBQしたい!!」
「家庭菜園をしてみたいです」
「将来的に小屋を置きたい!」
「ドッグランを作りたい」
「土地の大きさ的に庭が取れないかもしれない」

などなど…間取りをご提案する前にお話させていただく際には
たくさんのご意見がでます!意見も様々。

a0244794_10081975.jpg
▲縁側と石土間のお庭。外で食事などをしたいというご要望があると、外に置くことができるダイニングテーブルと一緒にご提案することもあります。
a0244794_10083616.jpg
▲池の上をデッキが通り、ウッドデッキがつながっていく鑑賞+使うお庭
水場があると、水の音や木の陰が庭におちて、とても心地よいです

a0244794_10111323.jpg

▲土地の南面が擁壁で囲まれている庭。
広さはあまりないですが、ちょうどよい囲まれ感があって、開放的に楽しむことができそうです

a0244794_10400813.jpg
▲開けた景色をもつ庭。視線を気にせず外を愉しむことができるように
庭と家と視線を考えて配置


こちらはほんの一部ですが、お庭の在り方もご家族によって様々。
お家づくりの中では、一番間取りが気になるところではあると思いますが、
庭と家との関係もとっても重要です!
とっても。

南面に大きな窓をもってきても
周りの視線が気になってずーっとカーテンをしめっぱなしは嫌です。

開放的に開けたお庭を造ったけど、交通量が多くて、庭にあまり出ない…これも嫌です。

土地の状況をしっかりと読み取って
間取りと一緒に庭も間取ることが本当に大切だと思います。

「予算のこともあるし、お庭はあとでいいです」

というお声を聞くことがありますが、
あとからだと、後回になってなかなかできなかったりしますよね…



ご予算のことも、一緒に考えながら
お家とお庭のありかたもご家族で一緒にお話してみるのも楽しいかもしれません。


ご家族に合わせて、敷地に合わせて、お庭も一緒にご提案します


ナガタユキ






by vegablog | 2018-03-29 11:05 | [長田blog]  | Comments(0)

普段着のデザイン 制度

今日は嬉しい頂きものがありました。

a0244794_19080004.jpg

工事期間中に大工さんが小さい鉛筆を使っていたのを見ていたのでしょうか?

これを見たときは笑顔になりました。清水です。


デザインは目に見えるのだけでなく仕組みであったり、パソコンの中身であったり

HPの構成であったりと様々な場所でデザインされていると思います。

デザインとは何か?と改めて考えたくなります。


哲学の面からみると

20世紀英国のデザイナーであるジョン・ヘスケット(John Heskett)は

次のように主張している。

「本質的に剥奪されたデザインは、自然の中で先例のない形で環境を形作り、

人生において我らのニーズを満たしうる」


となんだか難しいですが、最後の部分は何だか腑に落ちます。

”我らのニーズを満たしうる”=デザインすることで欲求を満たすという意味じゃないでしょうか?


社会の中でのデザインは制度だったりします。

制度にも目的があり、制度を利用することで社会が良くなったりと

何かのためにデザインされたものです。


ZEH、ゼロエネルギー住宅、長期優良住宅、地域ごとの補助金など意味があります。


例えばわかりやすい例でいうと

移住定住促進補助金(南さつま市)

これは移住定住者を増やすことで街の活性化という

目的で将来を見据えたデザインがされています。


そんな制度のデザイン家づくりに関する制度は多くあります。


資金相談では制度を利用した賢い返済方法だけでなく、

制度の目的と説明、家づくりの方針の立て方などお話させていただいております。


a0244794_19133021.jpg

個別の資金相談は事前にご連絡いただけるとご都合に合わせられます。

お気軽にご相談くださいませ。



by vegablog | 2018-03-27 19:13 | [清水blog]  | Comments(0)

植栽植え込み

こんにちは!

日置です!

本日ご紹介するのは植栽植え込み!

外構工事の集大成です!

まず高い木を立てて植栽の配置を決めていきます。

a0244794_21313753.jpg



高木が2,3本立つだけでもう見た目の大半が決まります。

a0244794_21314282.jpg

その後は高い木に中くらいの木、小さな木と添えていきます。

最後に今回は芝生、グランドカバー(下草)を植えて外構完成!


植栽が入るだけで全然印象変わります!

是非外構の重要性、楽しさ感じていただければと思います。


a0244794_21401809.jpg
a0244794_21401570.jpg



最後に、、、


a0244794_21315292.jpg
植え込みを楽しんでいる幸野です。

業者と一緒に作業すると楽しいです!





by vegablog | 2018-03-26 21:43 | [日置blog] | Comments(0)

材料6 タカナベカイドウ

春爛漫です。
うきうき春です。
廿枝です。
a0244794_19270551.jpg
a0244794_19271844.jpg

社屋にも春がきています。
VIPルームの庭には珍しい樹があります。
タカナベカイドウと言って
ノカイドウの仲間なのすが
桜と同じ時期に花が咲きます。桜よりより華やかです。
私と織田は乙女色と呼んでおります。
テーブル天板の漆にきれいに反射してみえるのも素敵です。

a0244794_19273814.jpg
タカナベカイドウとは
宮崎市高鍋町からやってきました。
タカナベカイドウはバラ科リンゴ属で高鍋地域特有のカイドウ。
もともと、牛牧地区に自生し、土地の人から牟田桜(ムタザクラ)と呼ばれ親しまれていた。
現在は高鍋、木城町を中心に、庭木などとして保存されている。
タカナベカイドウは天然記念物にも指定されているえびの高原のノカイドウの仲間ですが、高鍋地方特有のカイドウとされタカナベカイドウという名前になっている。
成木は高さが3~5メートル、葉張りは4~6メートル。ほとんど高鍋町内でしか見ることができず、固有種の可能性がある。ノカイドウに比べ、蕾の時の色が真っ赤で鮮やかな色をしております。



この時期しかみれない、楽しみです。
是非、ベガハスへいらしたときにはのぞいてみてください。


by vegablog | 2018-03-25 19:31 | [廿枝blog] | Comments(0)

家とソファ

先日、ソファワークショップを

ベガハウス事務所にて行いました。


a0244794_06420600.jpg


毎年クリスマス感謝祭を

行っているのですが、


ソファクッション+ソファ台製作券


というセットを

昨年の感謝祭のオークションにてご購入いただいた

2家族のソファのご紹介です。

どうも昨年のオークション担当の谷です。



実際に家におうかがいして

どんなソファが良いか

その場で案出し+スケッチします。



a0244794_06422748.jpg




a0244794_06424663.jpg



大枠のカタチの構成が決まったら、

事務所の工場の工場長、

大木に図面とスケッチを渡します。


「家具が好き。」と大木工場長。





ワークショップとしては

紙やすりの細かい目のもので

つやつやに磨いて、

オイルフィニッシュです。


完成品はこちら。



a0244794_06433378.jpg



a0244794_06434261.jpg


良いですね、工場長!




ちなみに
背の低い方のソファは
畳の上で使えるように
滑らせることのできる脚と
すでに家にある造作ソファで
オットマンとして
使い易いように肘掛なし。


背の高い方のソファは
フローリングの
リビングダイニングで
ゆったり座れるように
肘掛けを設置
クッションのファスナーが
見えないような構造の
カタチですっきりと。



実際に2家族の暮らしを見て
提案させていただいた
この2つのソファが

今の暮らしに

馴染んでくれることを

願っております。


いや、きっと馴染むはず。笑

by vegablog | 2018-03-25 06:49 | [谷blog]  | Comments(0)


VEGA HOUSE スタッフの日々の出来事


by vegablog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■見学会情報
■イベント情報
■家づくりレポート
■お知らせ
■ベガイク
■スケッチが形に
■ディレクターの仕事
[大迫blog]
[坂元blog]
[福迫blog] 
[長田blog] 
[幸野blog]
[小斉平blog] 
[廿枝blog]
[味園blog] 
[谷blog] 
[清水blog] 
[広報blog]
[織田blog]
[日置blog]
[赤﨑blog]
[上塘blog]
[植田blog]
[上大川blog]
[高木blog]
[研修生BLOG]

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

記事ランキング

画像一覧

検索