<   2018年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

木材加工工場見学


先日より花粉を感じ出しました。

外に出た瞬間くしゃみが止まりません。。。

日置です。


今回は木材加工をしている工場を見学させていただきました。

こちらの工場は堅木ーカタギーを主に取り扱っている工場です。

敷地にはたくさんの丸太が積み上げられております。

a0244794_21323797.jpg

さて、堅木とは何かといいますと字の通り(堅い木)の総称です。

例えば、家具などで使われる オーク材、ウォールナット材などが聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

丈夫なため、家具や建築物の大黒柱に使われることもあります。

材料置き場を見させて頂いたところケヤキの300㎜角以上の柱が、、、

a0244794_21324216.jpg

a0244794_21380785.jpg


寺、神社などの柱として使われるそう。

また、大きな四角い木が積み上げられております。

a0244794_21324698.jpg

これは樫ーカシーという木材で、造船の盤木に使われるそう、、、

簡単に言うと、大きな鉄の船の下に敷く木だそうです。

a0244794_21365456.jpg


すごい、、、


また、この工場では木刀の元となる丸棒も作成していました。

たくさんの丸棒が積み上げられどれも手触りが気持ちいいです。

a0244794_21375759.jpg


丸棒は四角い木材を機械に通して作成されるそうです。

a0244794_21325151.jpg


工場それぞれ持っている機械、土地などで得意とするもの、加工変わってきます。

この様に見学させていただくことによって工場の魅力、仕事のお願いの仕方変わってくるように思います。

今後も工場見学を通して、より良いものをより良くお客様に届けることが出来ればと思います!



by vegablog | 2018-02-23 21:41 | [日置blog] 職人紹介 | Comments(0)

普段着のデザイン


こんにちは暖かいのか寒いのか、

季節の変わり目のように感じます。

街には梅の花が咲き、散ってきているところもありますでしょうか。


もう春ですね。清水です。


突然ですが僕は昔から着ている洋服があまり変わりません。

仕事の時はジャケットを着ていたりネクタイを締めていたり

しているかもしれません。


でも基本は

襟付きのシャツにスラックスという組み合わせが多く、

それに色は白、紺、淡い青などが多いです。


毎日着ていて飽きのこないのが気に入っているポイントです。


ただ色や大きな形だけ見ると

同じ洋服に見えるのですが、

細かく見ると

洋服一つずつボタンの形や縫い方、襟の形、背の形になどが違います。


僕はこれを毎日着ている中で気付けるもので、

洋服を作ったデザイナーさんからの心遣いなどを感じられる

”普段着のデザイン”だと思っています。


これは洋服に限ったものではなく普段使う調理器具、文房具などの小物からも感じられます。


表面上のデザインだけでなく使う人の感覚や情景などを

意識しながら作られたものなんだと。


こんな思いを感じながら生活にをすると

なんだか心が穏やかになった気がします。


前置きが長くなりましたが。


”普段着のデザイン”

これは洋服や毎日のプロダクトデザインに限った話ではありません。


自分たちが普段暮らしていく中でも多くの

”普段着のデザイン”があります。


それは暮らす場所・・・お家です


僕の暮らす賃貸マンションや多くのお家は既製品などの工業製品を使い

多くの人に使えるよう、デザインされています。


でもそれは必ずしも使われることが前提のデザインではありません。


それは経済的な理由で多くの製品が大量生産され、

生産しやすい形に変化しています。

それが工業製品のデザインです。


そんなパーツが多く使われているのが今住んでいるお家だったりする訳で

それが自分たちの暮らしに合わない、環境に合わない

と頭の片隅にあり

自分に合った家づくりをしたいと思い

ハウスメーカーや、工務店などの

見学会や展示場などに足を運ばれるのではないでしょうか?


今回はそんな工業製品のデザインとは違った

ベガハウスの”普段着のデザイン”について書きたいと思います。

001 造作ソファ

a0244794_07195730.jpg

▲空間に自然に佇む大きなクッションのソファ


ベガハウスのソファはつくる場所や置く場所によって変化します。

床が木だったり、畳だったりと

床の素材が違えば座り方もきっと変わってくると思います。


例えば 鹿児島市西陵にあるベガハウスショーホーム”あんどの家”

ここの1階にある造作ソファは畳のリビングにあるので

座面の高さが低いです。


座面の高さに正解はあるのか?と

聞かれると答えるのが難しいですが、

ベガハウスが作ったらこの高さになりました。と


畳に座った時

ソファに寄りかかる

心地よいクッションが背中を支えてくれる。


こんな何気無い言葉で書くとサラッとしますが

ソファに座った時以外の事も

形や感触、座り心地で、多くの意味をなしています。


例えばクッションの厚み

背中の当たる面の厚みを大きくしています。


座面、背面の膨らみ

座った時に程よい支えになるように綿を入れています。


クッションの硬さ

使い込むたびに自分の好きな柔らかさになっていく

数年経った時に完成するように

中に入っているウレタンの硬さまで選んでいます。


挙げだしたら造作ソファ一つとってもきりがない程

考えて作っています。


でもこれは1回で形にできた訳でなく、何度もの試作や

色んな人の意見を取り入れながら出来たものです。


写真や図面で見るだけは簡単ですが、

実際に作って、座って、言葉に出して意見を

述べる事で初めて形になっていくのだと思います。


それが”普段着のデザイン”になる過程です。

a0244794_07220229.jpg
a0244794_07220632.jpg



このソファが座れる”あんどの家”まだまだご見学できますので、

一度ご見学された方も

是非この”普段着のデザイン”を体感しに来てみませんか?


毎週土日は予約不要です。


連絡先 099-295-0788



by vegablog | 2018-02-20 07:00 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

食卓とキッチン

梅の花が咲き、寒い中にも春がそこまでやってきていますよ!

新緑が待ち遠しい!そんな2月も中旬を過ぎました。早いものです。長田です。


おうちの中で、こだわりたいポイントってありますか??

女性の方が気になるところ…

そうです!


キッチン!

今日はキッチンと食卓の実例集を見てみましょう。


a0244794_09013253.jpg
▲キッチンは壁に向かって。その後ろには大きな作業台。横にダイニングスペースがあります。
壁に向かってあるキッチンは外の景色を見ながらキッチンに立つことができますね。
a0244794_09014404.jpg
▲シンクとコンロがセパレート型になっているキッチン。コンロが壁側にありますが、洗い物はリビングダイニングに向かってすることができます。間取りの自由度がぐっとあがる場合もありますね。
a0244794_09015220.jpg
▲こちらは、対面キッチン。横にダイニングスペースがあり、正面にはリビングとテレビがあります。家族のだんらんスペースの方を向くことができることと、外の景色を見ながらキッチンに立てますね。
a0244794_09020308.jpg
▲壁側のキッチンと、キッチンバックカウンター。そのカウンターに垂直にくっついているダイニングスペース。T字型です。配膳した料理をすぐダイニングへ運ぶことができるのが、スムーズでよいです。
a0244794_09021273.jpg
▲キッチンは壁側にくっついていますが、その後ろには作業台を兼ねた大きなダイニングテーブル。
大きなダイニングテーブルは多目的に使えますので、キッチンスペースをよりコンパクトに機能性も高めながら間取りを考えることができます。
a0244794_09022692.jpg
▲独立型のキッチン。奥のほうにキッチンがあります。雑多なものが目立たず、リビングダイニングがスッキリとできるところが一番のメリットでしょうか。お客様から見えることも少なくて、意外に使いやすい。
a0244794_09104209.jpg
▲こちらも独立型。薪ストーブの向こうに造作のオリジナルキッチンがあります。桜島に向かって景色を眺めながら洗い物ができるキッチン。
a0244794_09105568.jpg
▲キッチンは対面ですが、こちらは座卓での食事をされるご家族のおうち。座卓側からキッチンの壁面に収納を設け、座っていても小物や小皿など取り出せる収納がたっぷり。ダイニングテーブルがないおうちも、意外に多いんですよ。

みなさまはいかがですか?
どんなキッチンと食卓がご希望ですか?

L型のキッチンもあります。アイランド型もあります。
食卓はカウンターでサッと済ませたいというご家族もいれば、こたつで食事をという方もいるでしょう。
他にもたくさん、いろいろな形があります。


これまでの暮らしと、これからの暮らしをじっくりと聞かせていただいて、
ご家族にあった食卓とキッチンをご提案させていただきます。


配置もですが、どこに何を仕舞うかという食器やキッチン家電製品を仕舞う場所も細かく決めていきます!

キッチンと食卓…毎日使う場所だから、楽しく使いたいですね。


by vegablog | 2018-02-19 22:26 | [長田blog] ひかりとかげ | Comments(0)

敷地調査にて

寒さも少しだけ和らいできたような気がします。
二十四節気は、今日から雨水(うすい)。
雨水とは降る雪が雨へと変わり、雪解けが
始まる頃を指します。
今日は、雨の1日でした。
先日、谷と敷地調査へ行ってきました。
a0244794_21052703.jpg
敷地調査とは、敷地の環境を読み解き、
法的な確認を行います。
近くの梅の花も咲き始めていました...
a0244794_21054501.jpg

by vegablog | 2018-02-19 21:08 | [小斉平blog] 季節の便り | Comments(0)

材料2(石土間)

とうとう、次女も3月1日に高校を卒業して福岡へ
県外へ送り出すときの気持ちの複雑さに、どぎまぎしている廿枝です。

さて、今回も庭の材料について
ベガハウスの庭でよく使う石土間は
鹿児島の文化と地域に根付いている材料です。

石の種類として
細山田石や花棚石などがあります。
どちらも、凝灰岩の一種で軽石凝灰岩や溶結凝灰岩とも呼ばれます。
軽石を多く含み、軽くて空隙に富んでいますが、
圧縮強度は大きく、コンクリートと同程度の強度があります。
a0244794_17480606.jpg
どちらの石も
鹿児島の文化では、
昔、石橋によく使われていていました。
それには、理由があり
軽くて、運送がしやすいこと
加工がしやすいこと。
材料が川の近くでとれたことがあげられるようです。

ベガハウスも庭に使う理由として
鹿児島の降灰があってもタフに使える事。
石のわりには、軽くて丈夫!!
空気の層をたくさん含んでいるので
鹿児島の強い日差しにも、照り返しが少なく
打ち水などで涼しく過ごすことができるなどです。
a0244794_17473533.jpg
a0244794_17462439.jpg


地域で採れる材料を使う。
地域に根付いているからこそ
そこの土地になじみ、もともとあったような庭を構成することができます。
今後も石土間をどんな形で提案していくかを
色々と検討中です。


by vegablog | 2018-02-18 17:52 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

美化する心をもちます

お世話になります。大木です。

今日手にした一冊の本です。
a0244794_14532253.jpg

工場で働く人なのに建築現場管理の本をなぜとおもわれますよね。

「ブロークンウィンドウズ理論」という犯罪予防理論がはじめにあります。

例えば人が見えにくいところの窓ガラスが1枚割れていて放置されたままだと、

もう1枚割ろうとする人が出てくるそうです。

ニューヨークの元市長が地下鉄トンネルの落書きを徹底的に消すことで犯罪が減少し

地下鉄が管理されているというシグナルを発信し、治安が回復したそうです。

工場の整理整頓と、機械の維持管理も良いものつくりができるようにするためと

考えさせられます。

できることから始めようと思います。









by vegablog | 2018-02-18 15:19 | Comments(0)

家と納まり

こんにちは、谷です。


空間の中で素材と素材がぶつかる接点のことを、建築の言葉で「納まり」と言います。
納まりは空間の印象が変わる大事な考え方です。

「空間がべらぼうに良くてディテールはアウト、という建築は少ない」
と言ったのは建築家の宮脇檀さんです。

「納まり」が沢山集まって(物と物のぶつかり合う構成)が空間を形作っていますが
その逆も然りで、
大きな空間の性格が納まりを決定づけるという事を表している言葉だと思います。


家が建つときには

・場所(土地)
・時間(過去、現在、未来)
・住まい手(使い手)

が関係し合って形作られていきます。

三つに絞りましたが、
他にもさまざまな無数の星のように数え切れないことが関係し合って家が建ちます。
その中で「あなたはこっち」、「きみはそこ」、「えーと、そこのあなたはここ」と
整理をしていくことが設計なのではないかと思っています。
というよりも、全体が整理がされたものを、
ポンと眼前に表すことが設計なのではないかと思います。

これらの項目は一言でいえば家の「成り立ち」かなと。
ある場所に、どんな時間の中、どういった具合で使われるのか。
そもそもそこの場所に家が必要か。
そもそもこの時代、時期に家が必要か。
そもそもこの家族には家が必要か。
この質問自体は家をつくることを生業としている以上、
「建物が必要」でなくてはいけませんが、考え方のスタート地点として。笑

その成り立ちの中で、家の性格は変わってきます。

街なのか郊外なのか、田舎なのか。
周辺に建物があるか、人の通りはあるか。
庭があるか、眺めはいいか。

周辺環境(建築家の吉村順三さんが「サーカムスタンス」という言葉で表現したであろう意味合いで)の中で

外向きの家なのか
内向きの家なのか
囲い気味の家なのか
開き気味の家なのか
明るい、暗い
柔らかい、硬い

という性格のようなものが見えてくると

広さ
間取りのつながり
窓の向き

のように、形が生まれてきます。
間取りで言えば、
眺めの良いソファの場所が決まったり、
朝日の入る食卓の位置が決まったり、

1枚の背中を預けられる壁がまず生まれたり
1つの安心感をもたらす箱がまず生まれたり
活動を伸びやかにするフラットな床面が敷地に敷かれたり。
そうすると、その場所に家の大まかな外形が見えてきます。

a0244794_06460031.jpg


形よりも先にどんな暮らしがその場所で営めるか。
あるいは暮らしと家の形は同時に生まれるのが自然ではないでしょうか。

形が先立つことはあまりないようです。
このときのこれらの一番最初の暮らしのイメージや形が、
ディテールに反映されている建物、つまり一番搾りを大切にした空間は
ストレートに居心地につながってくるように思えます。

細部のようで全体であり、
全体のようで細部がある。
木だけが見えることはなく森も見える。
そんなことが「納まり」であるようです。

by vegablog | 2018-02-18 06:49 | [谷blog] 鹿児島巡礼 | Comments(0)

新ショーホームの撮影

こんにちは!赤﨑です。

先日、新ショーホームの撮影がありました。

オープンに向けて準備が進んできております。

少しだけ撮影の様子をご紹介。
a0244794_09390488.jpg
a0244794_09464283.jpg
a0244794_09391168.jpg



う、、美味しそう、、、、、
このあと撮影に使用したケーキを頂いたことはここだけの話です。美味しかった~~!!笑

新ショーホームのプレオープンは3月3日を予定しております。
どうぞお楽しみに!!


今回の撮影で、
人や暮らしに関わるものがお家の中に入ることで、
「家」らしさが一気に出てくるな~と感じました。

「家」は人が暮らしてこそ、生活してこそのもの。

完成見学会などでは想像がつきにくいな~と感じる方もいらっしゃると思います。

2月25日に開催予定のバスツアーでは、
実際にお住いのお家を2件ご案内予定です。

家を見るというより、「暮らし」、「生活」を体感して頂けると思います。


ご興味のあります方はお気軽にお問い合わせください。


最後に一言。ケーキ、美味しかった~~~~!笑

by vegablog | 2018-02-17 09:55 | Comments(0)

ベガ荘、成長中

こんにちは!社員大工の福永です。
現場の整理整頓を徹底出来ていないと、身にしみているところです。
整理整頓とは、小さなことの積み重ねのような気がします。小さなこととは、ちょっと片付けること、ちょっとしたことに気付くこと、ということだと感じています。
お客様のおうちを作っていく中で、現場を綺麗に、お客様がいつ来られてもいい気持ちになっていただくために!なにより、安全のために!
徹底して、綺麗にします(`_´)ゞ


そんなこの頃ですが、

最近の作業は、ベガ荘の板塀増築!
社長の指示により、ベガ荘はちゃくちゃくと豊かさを増しています!明日、板塀完了予定です!!
a0244794_21063557.jpg
来られたことがある方も、初めての方も、是非いらしてください!!

by vegablog | 2018-02-16 20:45 | Comments(0)

次回 3月4日(日)ベガイクのお知らせ

a0244794_21234698.jpg
ベガハウスのアフター定期訪問「ベガイク」。
ベガハウスが行く、ベガハウスと育てる。
完成から始まる家づくりをモットーとした、ベガハウスの取組みの一環です。



「ベガイク」では、ベガハウスで建てられたお客さまのお宅を
お引渡し後8~9ヶ月毎にスタッフ数名と業者さんでお伺いしています。

定期的なアフターメンテナンスは勿論、
専門スタッフ・業者さんとの会話や、一緒に楽しむお家のお手入れで、
お客さまの暮らしがより豊かになることを願っています。



さて、来月のベガイクは3月4日(日)

日置・松元地区[ 伊集院町、東市来町、石谷町、春山町、
         松陽台町、福山町、川田町、小山田町 
南薩地区   [ 指宿市 

にお住まいのお客様のお宅へ訪問させていただきます。



今回、スタッフと一緒にお伺いします業者さんは、

 ㈲永田クレーン    ・・・クレーン
 ㈱末永建装      ・・・板金
 ダスキンサーヴ九州  ・・・クリーニング
 池田電気工事㈱    ・・・電気
 蔵園大工       ・・・大工
 蔵園(智)大工    ・・・大工
 西房大工       ・・・大工
 有田大工       ・・・大工

の皆さんです。
(※変更になる場合もあります)

それぞれのスペシャリストですので、困っていること、ご質問等ありましたら
この機会にぜひお尋ねください。



事前に「暮らしのカルテ」という簡単なアンケート葉書をお送りしてます。
気になる箇所や当日お聞きしたい事などご記入いただけますと幸いです。

お伺いのお時間、詳細はスタッフよりお電話さしあげます。


皆さまとお会いできるのをスタッフ一同、心待ちにしております


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ショーホーム@鹿児島市西陵 好評公開中!「あんどの家」
10:00-18:00平日[予約制]/土日祝[予約不要]
※ショーホームにつきまして、毎週水・隔週木曜日は定休日とさせていただきます。

a0244794_17595868.jpg

VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by vegablog | 2018-02-15 21:40 | ■お知らせ | Comments(0)


VEGA HOUSE スタッフの日々の出来事


by vegablog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■見学会情報
■イベント情報
■お知らせ
■ベガイク
■スケッチが形に
■ディレクターの仕事
[社長blog] 日々是鍛錬
[大迫blog] Free
[坂元blog] 水曜大工
[福迫blog] スポーツ&健康
[長田blog] ひかりとかげ
[幸野blog] 我が家の暮らし
[小斉平blog] 季節の便り
[廿枝blog] 植物たち
[大木blog] 子供たち
[味園blog] 
[谷blog] 鹿児島巡礼
[清水blog] 家づくりたまには映画
[中池blog] 大工修行
[中池blog] 業者さん紹介
[大山blog] 音のある暮らし
[広報blog] VFお家訪問
[織田blog] 暮らし
[日置blog] 職人紹介
[福永blog] 勉強会
[研修生BLOG]

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

記事ランキング

画像一覧

検索