カテゴリ:[廿枝blog] 植物たち( 145 )

材料3 鹿児島の常緑樹

梅の花も散り始め、モクレンの白い花ももうすぐ、ほころびそうです。
モクレンが咲き始めると、春ももうすぐそこですね。廿枝です。

ベガハウスでは鹿児島で生育する常緑樹をよく庭で使います。
鹿児島の陽ざしの強さに耐えうることも大切になります。

常緑の特徴として
四季を通じて常に緑葉を保っている樹木です。
一年を通して緑が目に触れることはとても気持ちのよいものです。

常緑樹は
南国鹿児島では、防風林や防火機能として利用することもあります。
樹種としては
イヌマキ、コウヤマキ、コウヨウザン、スダジイ、アカガシ、シラカシ、タブノキ、ヤブニッケイ、
モチノキ、クロガネモチ、ネズミモチ、シャリンバイ、カナメモチ、ヤマモモ、タラヨウ、ツバキ類、
サザンカ、モッコク、サカキ、シキミ、キョウチクトウ、
サンゴジュ、マサキ、アオキ、ヤツデ、ユズリハ、ヒメユズリハ、カラタチ、フクギ
などです。
よく、べがハウスでも庭につかう樹種です。

あと、常緑樹は
小鳥を呼び込むこともあります。
樹冠の広がる常緑樹をまとめて植えることで、野鳥の隠れ場所、休息場所をつくります。
小鳥が増えると、いろいろなまた樹種の芽がでてまた、緑がつながります。
a0244794_19570891.jpg
a0244794_19564276.jpg


樹一本植えるのにも
いろいろな繋がりがあり
ストーリーがあり
目的があります。
山に植えてあるように生ける。
これが樹の声かもしれません。

by vegablog | 2018-02-25 19:58 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

材料2(石土間)

とうとう、次女も3月1日に高校を卒業して福岡へ
県外へ送り出すときの気持ちの複雑さに、どぎまぎしている廿枝です。

さて、今回も庭の材料について
ベガハウスの庭でよく使う石土間は
鹿児島の文化と地域に根付いている材料です。

石の種類として
細山田石や花棚石などがあります。
どちらも、凝灰岩の一種で軽石凝灰岩や溶結凝灰岩とも呼ばれます。
軽石を多く含み、軽くて空隙に富んでいますが、
圧縮強度は大きく、コンクリートと同程度の強度があります。
a0244794_17480606.jpg
どちらの石も
鹿児島の文化では、
昔、石橋によく使われていていました。
それには、理由があり
軽くて、運送がしやすいこと
加工がしやすいこと。
材料が川の近くでとれたことがあげられるようです。

ベガハウスも庭に使う理由として
鹿児島の降灰があってもタフに使える事。
石のわりには、軽くて丈夫!!
空気の層をたくさん含んでいるので
鹿児島の強い日差しにも、照り返しが少なく
打ち水などで涼しく過ごすことができるなどです。
a0244794_17473533.jpg
a0244794_17462439.jpg


地域で採れる材料を使う。
地域に根付いているからこそ
そこの土地になじみ、もともとあったような庭を構成することができます。
今後も石土間をどんな形で提案していくかを
色々と検討中です。


by vegablog | 2018-02-18 17:52 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

新ショーホームの庭

3月にショーホームがオープンします。
建物にも特徴があるように庭も建物に合わせて
特徴がでてきます。

今回のショーホーム外観の特徴は
ご実家の庭に建てたこの家は
環境は南側に畑。そして周りの緑。
その環境に馴染む、焼き杉の外壁。
まるで、前からそこに建っていたような佇まいです。
南側には、深い庇のついた広縁があり
どこか、懐かしいく新しい感じの外観になっています。
a0244794_21470164.jpg
その外観の特徴をいかし
もともと、ある梅の木や桃の木。
ツツジや桜などのをうまく組み合わせて
いけていきました。

もともとある木を活かすことは
とても難しく、樹形や木の特徴をきちんと把握して
おかなければ、ちぐはぐの庭になります。
思い出の木を大切にしたいからこそ、
また楽しい庭になるのではと考えながら構成しました。

南側が畑だからこそ、周りからの視線も遠くではあるのですが
気になる所を、タイサンボクやタラヨウの木などの常緑樹と
外道具をしまう、小屋で
やわらかに、視線を交わしています。

もともとある地の形をいかしての構成になっていますので
無理に整えずに、うまく整理できた庭です。
どうぞ、季節ごとに変わる庭になっています。
四季にあわせて、遊びにいらしてください。
お待ちしています。


by vegablog | 2018-02-11 21:48 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

材料1”花ブロック”

南国鹿児島も寒いです。
ここ数年は雪が積もります。
寒さは身に堪えます。廿枝です。


さて、今回は外構工事でよくベガハウスにて使う。
花ブロックの紹介です。

花ブロックは沖縄の山内ブロックさんから取り寄せています。
山内ブロックさんの花ブロックは沖縄で製造される80%を作っています。
戦後から盛んにつくられるようになったそうです。
a0244794_20283559.jpg
遠くだと均一にみえる花ブロックも
一つ一つよく見ると、微妙に仕上がりが違います。
それは、熟練の職人さんたちが手でつくっているからです。
多少の機械は使いますが金型を使って作っていきます。
a0244794_20281576.jpg
a0244794_20291191.jpg

風を通し、影をおとし、光をいれる。
影絵のように、カタチや模様がデッキや壁にでると
また、それは楽しい空間です。
外と内の間に使う材料としては最適です。

鹿児島も寒いけれど、夏は沖縄のように
高温多湿。
環境もにている鹿児島だからこそ、使える材料なのかもしれません。



by vegablog | 2018-02-04 20:32 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

庭をいける 3(暮らしをいける)

お正月は暖かったのに、急に寒さが厳しくなり
受験生のご家族などはひやひやする季節ですね。
早く春がこないかなと、春が待ち遠しい廿枝です。


今回は”庭をいける”のテーマ
最終
暮らしをいけるです。

花人 川瀬 敏郎さんの
言葉で

”場があって初めて、
     花は荘厳されていくものなのです。”


とおっしゃっています。
花をどれだけ
きれいにいけても
置く場所(間)があってからこそ。
花は荘厳されていく。

暮らしに花をいけることや
庭をいけることも一緒で
置きたい場所(間)があってこそ
そこに花を置きたい、生けたいという気持ちが
生まれると私は思います。

置きたい場所(間)をつくるのは私たちの仕事。
置いてみようと思う気持ちにさせる事も
私たちの仕事のような気がします。

置く場所(間)をつくり、きっかけをつくることで
季節の物、花や道具などをすこし置いてみる。
そして
住まい手の暮らしが豊かになればと願いながら
建物だけではなく、
家具や道具、庭まで提案していく。

別々のものではなく
みんなが、それぞれ、つながって初めて
空間が
いきいきとしはじめ、
暮らしが楽しくなるのです。
a0244794_13513327.jpg


by vegablog | 2018-01-14 13:59 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

成人式

あけましておめでとうございます。
大みそかに、模様替えを強行した廿枝です。
おかげで、元旦を気持ちよく迎えることができました。
こんな、廿枝ですが、
どうぞ、今年もよろしくお願い致します。

さて、さて今回は
難しい話はさておき
私事の報告です。
長女がみなさんのおかげで無事成人式を迎えることができました。
a0244794_21200171.jpg
↑なぜか、次女まで着物をきました。実は私も。。。


私が着た着物をそのまま娘へ。
時代が変わっても、
着物は不思議で古臭い感じにはならないですね。
自分の20歳の時といろいろ比べると思うこともありますが
無事、成人式を迎えることができたのも
沢山の方が支えてくださったからです。
沢山の方とご縁を頂き、彼女らしく育ったと思います。

一人で大きくなった顔をしますが
きっと、いつかは、彼女も母になり
環境や周りの方に感謝できる日ができることを
楽しみにしていたいと思うのです。






by vegablog | 2018-01-07 21:25 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

庭をいける(2)

お正月の曲が頭のなかをぐるぐるしています。
まだ、お正月の準備どころか、年末の段取りもしていない廿枝です。
おせち何つくろうかとか色々考えます。


さて、今回は庭をいける(2)
敷地をいけるです。

敷地をいけるとは、
1 土地を活かす
2 樹の選択
のポイントになります。

1 土地を活かす。
例でこちらは庭間の家。

a0244794_21044045.jpg
南道路に面したこの家は、
南からの陽ざしをどうコントロールするかが大切な土地です。
あと、家から見た時の季節の取り入れかたや見え方。
そして、道路からの視線をどう区切るかは庭をつくるポイントになります。
庭に座った時に道路の方と目の合わない高さで塀をつくります。
周りの環境をどう読み取るかも大切です。
a0244794_21081046.jpg
↑写真は荻野さんが敷地を活かす為に環境をみているところです。

2 樹の選択
土地を活かす方法を考えて
庭間の家は
落葉樹で基本構成をしています。
庭で食事ができるこの庭は
夏には葉で影をおとし
冬の暖かい日差しは家の中にいれるようになっています。
そして、南の陽ざしに強い桜をメインツリーとして入れてあります。
春になると花をつけ、二階のカウンターに座って花見ができます。
上からみる桜は絶品です。
鹿児島は陽ざしの強い地域です。
南の陽ざしが燦々と照りつけるので
陽ざしに強い樹が南には必要になります。

a0244794_21120808.jpg
↑荻野さんがメインツリーの桜を畑に選びに行っている様子。


敷地をきちんと読み切ってこその
庭づくりがたいせつです。

by vegablog | 2017-12-24 21:17 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

庭をいける(1)

師走ですね。
どうしてでしょうか?
世間がそわそわしている感覚がありますが
マイペースな廿枝です。

今回から庭をテーマに綴っていきます。
まずは
庭をいける(1)
”花をいける”です。

家づくりと庭はきってもきりはなせないものです。
庭木や外周りの塀などが入ると建物がぐっとしまります。
例えば
こちらは庭間の家の植え込み前
a0244794_21065173.jpg
軒先がシュッとした印象の建物に細い幹で構成した植栽をいれると。
a0244794_21102406.jpg
高さのバランスや全体が整いました。
a0244794_21134281.jpg
夜の様子。
南面に開口がむかっているので落葉樹で構成した家です。
落葉樹なので、当然ながら冬には葉を落とします。
葉を落としても幹がきれいにみえるように植えています。

社屋の庭も一緒です。
a0244794_21150788.jpg
印象のある花ブロックを施工している最中です。
背の高さが目立ちますが実際樹を植えると。
a0244794_21224650.jpg
こんな感じです。
シンボルツリーである、幹が太いクスノキが入ると建物がしまっていきます。
こちらの建物は西に向いているので
西日をさける為に常緑樹を中心に構成してあります。

ただ樹を庭に置くのではなく
花をいけるように樹を配置しています。
それは、まるで建物が器のような感覚です。

花人 川瀬敏郎さんの本より
器によって花もかわり
花によって器も変わります。
ふさわしい場や背景の中で
花と器は輝きを放つ    ”

という一文があります。

器=建物  花=樹
であるのであれば
建物の形や雰囲気によって
樹選びも変わるのです。
花をいけるように
その場所にふさわしく輝けるように
樹をいけていきます。

このようにして、庭の樹の方向やカタチ
配置も決まっていきます。


次回は敷地を生けるです。












by vegablog | 2017-12-17 22:02 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

もうすぐ。

12月に入り、急に鹿児島も冬らしくなってきました。

12月は娘の20歳の誕生月です。はやいものだとつくづく感じる廿枝です。


さて、来年度のショーム着々と完成にむかっています。

上棟式の時に大きな開口に向かい

気持ちのよいソファーを試しに置いてみて検証です。

今回のソファーには秘密があり。楽しみです。

3月にはお披露目できると思います。

その秘密は実際にご覧になって体験していただけると。

a0244794_06444129.jpg
a0244794_06445765.jpg

by vegablog | 2017-12-02 06:46 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)

食事

会社の花をいける為、山に入ることが楽しい廿枝です。

石谷に引っ越ししてきて、外の楽しみが増えました。

その一つに、食事もあります。

時には、ベガランにて。
a0244794_7174830.jpg


新築祝にて、BBQなど
a0244794_7181128.jpg

外の食事は食事を一段と、おいしくしてくれます。

寒さに負けず、今後も楽しい外の食事空間を提案していきたいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ショーホーム@鹿児島市西陵 好評公開中!「あんどの家」
10:00-18:00平日[予約制]/土日祝[予約不要]
※ショーホームにつきまして、毎週水・隔週木曜日は定休日とさせていただきます。

a0244794_17595868.jpg

VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by vegablog | 2017-11-07 07:18 | [廿枝blog] 植物たち | Comments(0)


VEGA HOUSE スタッフの日々の出来事


by vegablog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■見学会情報
■イベント情報
■お知らせ
■ベガイク
■スケッチが形に
■ディレクターの仕事
[社長blog] 日々是鍛錬
[大迫blog] Free
[坂元blog] 水曜大工
[福迫blog] スポーツ&健康
[長田blog] ひかりとかげ
[幸野blog] 我が家の暮らし
[小斉平blog] 季節の便り
[廿枝blog] 植物たち
[大木blog] 子供たち
[味園blog] 
[谷blog] 鹿児島巡礼
[清水blog] 家づくりたまには映画
[中池blog] 大工修行
[中池blog] 業者さん紹介
[大山blog] 音のある暮らし
[広報blog] VFお家訪問
[織田blog] 暮らし
[日置blog] 職人紹介
[福永blog] 勉強会
[研修生BLOG]

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

記事ランキング

画像一覧

検索