カテゴリ:[長田blog] ( 19 )

【俺の書斎・私の書斎】vol.1

今月より山田町にありますショーホームわおんの家がギャラリーに!




【俺の書斎・私の書斎】

というテーマのもとに
いろいろな方にお越しいただきまして
「自分がここの書斎を使うなら、こんな感じで使う!」
という感じで
いろんな方の書斎を作ってみよう!というものです



最初のお客様はこちら▼
a0244794_20415105.jpg

[ enmoyukari | えんもゆかり ]

[ instagram ]

ガーデンデザイナーをされていらっしゃいます
enmoyukari|えんもゆかり の山崎展弘さんに
【俺の書斎】をつくっていただきました!


a0244794_20225902.jpg

ん…?!

ネコがいっぱい…?!

こちらは紙で作られているペーパーキャット
実際に、仕草がとってもリアルなんです

a0244794_20223234.jpg
今にも動き出しそうです!
a0244794_20233965.jpg
こちらはワンちゃん▲
a0244794_20231737.jpg
実際の猫と同じくらいの大きさで作られていて
それを書斎で形を作ったり、考えたりするそうです!


ひとつのオブジェですが
置くもので空気感も変わるものです

6月24日 まで展示しておりますので
ぜひ一度お越しください!

オーダーや、ワークショップもされているそうです!
[ enmoyukari | えんもゆかり ]



【俺の書斎・私の書斎】vol.1

6月24日(日) 
10:00~17:00
※平日のご見学をご希望の方はご連絡ください
TEL 099-295-0788
【わおんの家 MAP】


by vegablog | 2018-06-18 20:45 | [長田blog]  | Comments(0)

みちくさの家 築8年目 @鹿児島市中山

大きく開かれた窓と庭は、東向き
当時、「何年か後は、木々が日傘のようになって、夏は庭に影をつくってくれるね」と
みんなで植え込んだ木々たち
a0244794_06593161.jpg
a0244794_07000784.jpg

東側に大きく開いているため
夏の朝日は結構強い!





そして、7年経った今の庭
a0244794_07021244.jpg

a0244794_07025848.jpg

葉が傘のようにひろがってくれる”やまぼうし”の木が大きくなり
枝をのばし、葉が茂って
強い日差しをカットしてくれています

a0244794_07032727.jpg
気持ちがいい場所を探すのが得意なネコも
居場所がいっぱいで、ここちよさそうに。

a0244794_07093259.jpg
家の中の床や、窓、扉など
木をつかう部分はどんどん経年変化していきます

白かった木の部分も、飴色に綺麗に艶をだします

室内も庭も
変化する経年変化を楽しめる提案をしていきます




by vegablog | 2018-06-04 07:16 | [長田blog]  | Comments(0)

庭師の家 築6年目 @鹿児島市川田町

母屋の横に、斜めに配置した事務所
お互いの視線をかわしながら、みどりを存分に愉しむ

a0244794_20522268.jpg
a0244794_20544637.jpg
a0244794_20552716.jpg
a0244794_20525058.jpg
a0244794_20533587.jpg
いつもお客様の庭を手掛けているが
みどりに囲まれた暮らしがいかに心地よいかを
理解して楽しんでいるのは一番本人だろう

by vegablog | 2018-05-22 21:05 | [長田blog]  | Comments(0)

音とつながる2階リビングとスキップフロア 築6年@吉野

桜島と錦江湾をのぞむ、鹿児島市吉野町
敷地の高低差を利用してスキップフロアを設けました。
スキップフロアの部分にはピアノ教室
2階リビングと中二階でつながります
家の中をやさしくピアノの音色が響き渡る

a0244794_21301325.jpg
a0244794_21302861.jpg
a0244794_21311343.jpg
a0244794_21304618.jpg
a0244794_21312780.jpg



by vegablog | 2018-05-15 21:32 | [長田blog]  | Comments(0)

庭間の家 築6年目 @星ヶ峯みなみ台

お友達をお招きして食事をすることが大好きなご家族の家づくりのコンセプトは
「庭がキッチン、庭がダイニング、庭がリビング」


キッチンとダイニングを庭の外の庭に近いところに設け
気持ちのいい季節は外でみんなでワイワイ食事を

外のダイニングが我が家の中心
大きい土間と螺旋階段も特徴のひとつ


a0244794_18582329.jpg
a0244794_18530994.jpg
a0244794_19005511.jpg
a0244794_18593887.jpg

お花見が大好きなご家族
庭に大きな桜の木を植えました

来年の春もまた綺麗にお庭を飾ってくれることでしょう

a0244794_18534942.jpg
【オーナー様の声はこちら】










by vegablog | 2018-05-07 19:09 | [長田blog]  | Comments(0)

完成物件・平屋 (鹿屋)

敷地に対してL字に配置した平屋の間取り
L字に設けたゆったりとした縁側

影が落ちる縁側に座って、お茶を飲みながら
庭を走り回るこどもたちを眺める


a0244794_17051568.jpg

庭を囲むように提案した植物たち
庭に影をおとし、季節を運んできます


平屋ではありますが、天井高さを工夫して
吹き抜けのような高い天井にある窓から光がおりてきます
a0244794_17052814.jpg
a0244794_17053972.jpg
ふと向けた視線の先には、緑や空を切り取る窓
a0244794_17054948.jpg
行き止まりのない視線は
空間を広く導いてくれます

a0244794_17055991.jpg




by vegablog | 2018-04-16 17:17 | [長田blog]  | Comments(0)

大きな窓がいいわけじゃない!

新学期ですね
桜も少しずつ葉っぱがでて、新緑の時期です
山が若葉につつまれて、気持ちの良い風がそよそよと…
ピクニック行きたい、長田です。

今日は窓のことを少し

窓は大きい方がいい?
リビングの開放的な窓には、憧れます

でもでも、開放感を出すために必要な窓だけではないんです。
風を抜く窓もあれば、光をもらうために必要な窓も


リビングのいっかくに設けた、その名も「洞窟」


a0244794_21375291.jpg
先日、見学会・お引渡しをさせていただきました。

この洞窟は、絵本や家族の本などが並び、リビングとの距離を保ちながら、

ちょっとこもれる

自然に入りたくなっちゃう洞窟なんです


a0244794_21381455.jpg
この洞窟の中には

ちっちゃな窓がひとつ。
a0244794_21383568.jpg
工事を進めているときに、やはり窓があったほうがよいと
プランナーとお客様と話して設けた窓

外とも少しつながることができて
少しですが自然光も入る

その小さな窓の先には、外の植物の葉っぱのみどりが
風にゆられてそよそよと


「ふと見つめる先に、豊かさがキラリ」


暮らしの中にある、見逃していしまいそうな小さな幸せを感じられる家をつくりたいです



ナガタユキ

by vegablog | 2018-04-02 21:47 | [長田blog]  | Comments(0)

庭のありかた

桜が満開です!春ですよ!春!
車を運転していても、道を歩いていても、春がふわふわルンルンと広がっています
あ~飲みたい!っていつも飲んでいますが。笑 長田です。

a0244794_10125626.jpg
▲見てください。こちら。お庭で花見です!夜桜。最高ですね!
石畳に置かれた外ダイニングテーブル。ここでお酒を愉しむそうです。スペースはあまり広くはありませんが、プライベート感もあって楽しそうです。

今日は「庭のありかた」について…

どうでしょうか。お庭。
a0244794_10123087.jpg

「お庭は手入れができないので、木は植えたくないなぁ」
「BBQしたい!!」
「家庭菜園をしてみたいです」
「将来的に小屋を置きたい!」
「ドッグランを作りたい」
「土地の大きさ的に庭が取れないかもしれない」

などなど…間取りをご提案する前にお話させていただく際には
たくさんのご意見がでます!意見も様々。

a0244794_10081975.jpg
▲縁側と石土間のお庭。外で食事などをしたいというご要望があると、外に置くことができるダイニングテーブルと一緒にご提案することもあります。
a0244794_10083616.jpg
▲池の上をデッキが通り、ウッドデッキがつながっていく鑑賞+使うお庭
水場があると、水の音や木の陰が庭におちて、とても心地よいです

a0244794_10111323.jpg

▲土地の南面が擁壁で囲まれている庭。
広さはあまりないですが、ちょうどよい囲まれ感があって、開放的に楽しむことができそうです

a0244794_10400813.jpg
▲開けた景色をもつ庭。視線を気にせず外を愉しむことができるように
庭と家と視線を考えて配置


こちらはほんの一部ですが、お庭の在り方もご家族によって様々。
お家づくりの中では、一番間取りが気になるところではあると思いますが、
庭と家との関係もとっても重要です!
とっても。

南面に大きな窓をもってきても
周りの視線が気になってずーっとカーテンをしめっぱなしは嫌です。

開放的に開けたお庭を造ったけど、交通量が多くて、庭にあまり出ない…これも嫌です。

土地の状況をしっかりと読み取って
間取りと一緒に庭も間取ることが本当に大切だと思います。

「予算のこともあるし、お庭はあとでいいです」

というお声を聞くことがありますが、
あとからだと、後回になってなかなかできなかったりしますよね…



ご予算のことも、一緒に考えながら
お家とお庭のありかたもご家族で一緒にお話してみるのも楽しいかもしれません。


ご家族に合わせて、敷地に合わせて、お庭も一緒にご提案します


ナガタユキ






by vegablog | 2018-03-29 11:05 | [長田blog]  | Comments(0)

飾る・招く・しつらえる

春がやってきます。
どうしましょう。
あったかい柔らかい風に
なんだがウキウキしてみたりします。
桜餅、お店で見つけてちょっとうれしいです。長田です。

さて!今日は「飾る」ということ



わたしたちの暮らしの中には「飾る」という習慣がたくさんあり、飾るという文化です


お雛様、かぶと、こいのぼり、クリスマスツリー、飾り餅
季節を迎える前に飾ること

家族の思い出の写真を飾る
絵を飾る
花をいけてみる
お気に入りのものを飾る

などなど、身の回りには「飾る」という習慣がたくさんあります


a0244794_22131375.jpg
▲壁に「置き床」という家具をつけて、飾りながら小さな収納家具になっています
a0244794_22111318.jpg
▲家族の集まる空間に、小さなカウンターを設けてみる。
ちょっとした季節の花や、写真を並べたり
a0244794_22133277.jpg

▲玄関はお客様を迎えるところ。玄関のドアを開けると、思わず笑顔がでてしまうようなものでお出迎えできたらいいですね

a0244794_22130007.jpg
▲ものを飾ることだけではありません。玄関を開けると窓が絵のように外の景色を切り取ってくれています
a0244794_22101581.jpg
▲空間のみせかたによっては、目立ちすぎないようにひっそりと、静かに飾るのも風情があります
a0244794_22100775.jpg
▲最近は「床の間」を作ることがとても少なくなってきています。
でも、お気に入りの花器に庭でつんだ草花を何気なく飾ってみると
その空間に、さらに愛着がわくものです


飾るということは
お客様を招く前に、「きっと喜んでくれるだろうな」と笑顔を思い浮かべながら設えること



こんなものを飾りたい、見せながら収納したい
きっと、いろいろなご家族の想いが設えにつながっている

ちょっと季節を飾ってみようと思うことができる
小さくてもそんな場所をご提案したい



ナガタユキ


by vegablog | 2018-03-19 22:34 | [長田blog]  | Comments(0)

玄関とアプローチ

玄関とアプローチ

と言われても、どんな玄関がいい!と説明するもの難しかったりしますよね。

これまれ建てさせていただいた実例を見てみると、
土地の形状や環境、周囲の状況をみてご提案させていただいていることが多いように思います。


少し見てみましょう!
a0244794_18221476.jpg
▲こちらは、全面道路が坂道になっていて、建物の床の高さを基準にすると、玄関アプローチの階段が必要になっています。
階段を軽やかに見せるために、鉄骨階段にして下を浮かせています。開き戸です。
a0244794_18240877.jpg
▲深い庇と車寄せのある平屋の家。角地に建っているので車寄せを通り抜けることができるアプローチになっています。


a0244794_18235662.jpg
▲玄関が南面に向いています。土間の外ダイニングを通って玄関へ入っていくアプローチ

a0244794_18243304.jpg
▲土地に高低差がとてもある敷地。鉄筋コンクリートの階段で、途中途中に木々を植えて、木のトンネルを通って玄関へ
a0244794_18242113.jpg
▲道路に近い玄関。玄関が丸見えにならないように、植物や木々で目隠しに。玄関を通る際に、季節によっていろいろな花を楽しむことができます。開き戸
a0244794_18223488.jpg
▲土地に1メートル弱の段差があるアプローチ。間取りはスキップフロアになっているので、その分の高さをだんだんと上がっている階段。こちらも大きな木々のトンネルのようです。


▼そして、その夜の様子。暖かく迎えてくれる玄関とその灯りもとても重要ですね。
a0244794_18245458.jpg
敷地の状況によって様々ですが、車を降りてすぐに玄関へ行くことができるようにしたり、鹿児島は灰も降るので、ビルトインガレージから雨に濡れずに玄関へ行くアプローチも多いように感じます。

「いってきます」
「いってらっしゃい」
「ただいま」
「おかえり」

毎日を気持ちよく送り出してくれて、あたたかく迎えてくれる気持ちのいい玄関とアプローチが理想だなと思っています。

ナガタユキ


by vegablog | 2018-03-15 18:45 | [長田blog]  | Comments(0)


VEGA HOUSE スタッフの日々の出来事


by vegablog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■見学会情報
■イベント情報
■家づくりレポート
■お知らせ
■ベガイク
■スケッチが形に
■ディレクターの仕事
[大迫blog]
[坂元blog]
[福迫blog] 
[長田blog] 
[幸野blog]
[小斉平blog] 
[廿枝blog]
[味園blog] 
[谷blog] 
[清水blog] 
[広報blog]
[織田blog]
[日置blog]
[赤﨑blog]
[上塘blog]
[植田blog]
[上大川blog]
[高木blog]
[研修生BLOG]

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

記事ランキング

画像一覧

検索