カテゴリ:[清水blog] 家づくりたまには映画( 80 )

普段着のデザイン 手、体で考える

普段着のデザイン 建てる前に考えること

 

先日会社にルンバがやってきました。動きがかわいいです。

清水です。


昔の掃除は竹箒などで掃いたあと雑巾がけと

今では考えられない程掃除に時間をかけていたのでしょうか。


今では掃除はロボットが。

僕は実際に体を動かして掃除をする方が好きです。


もちろん仕事上掃除をすることで

”ここが掃除がし難いから

収まりを考え直したほうがいいな”

とか体を動かすことで見えてくることがあります。

ベガハウスのお家は住んでから気づく掃除のしやすいお家ですよ。


さて話はそれましたが、手を動かすことで考えられることについて書きたいと

思います。


プランを提出した時により想像しやすいようにスケッチで空間を表現します。

光の入り方、家具の高さなど実際にお家が建った時と同じように書きます。


もちろん細かな打ち合わせの中でここはもう少し変えたほうがいいな

と思ったりするので何度もスケッチにて詳細を考えていきます。


その時は頭で考えるのはもちろん、スケールなどを持って手や体でも考えます。

そうすることで体で寸法を覚えたり、実際に形にする前に検討することができるのです。

洋服でいう採寸を思い浮かべるとわかりやすいかと思います。


スケッチ一枚でたくさんの細かな考えを生み出し、解決していくことで

何も違和感ない普段着のデザインが生まれてくるのです。

a0244794_14270559.jpg


by vegablog | 2018-04-17 14:33 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

普段着のデザイン 彫刻

先日高校大学生活を一緒に過ごした友人の結婚式へ北海道まで行ってきました。

それはそれは北海道の雰囲気や気温、文化など鹿児島と全く違うものです。

木や自然のものはもちろん人との接し方からご祝儀の考え方まで、、、笑

ここで書くと長くなりそうなので気になる方は清水まで

海外や沖縄でなければいつも結婚式で一番遠くから来るのは僕だけだと思います。


清水です。


さてそんな結婚式の合間を縫って、家具デザイナー村澤さんにオススメされた
安田侃の彫刻を観に北海道の美唄、アルテピアッツァ美唄まで行きました。


a0244794_21000751.jpg

彫刻と言っても普段あまり馴染みがない

家に彫刻がない限り普段美術館でしか観る事の出来ないもので、
知ってるのは照明や家具などで有名なイサム・ノグチぐらい

それでもでも彫刻を楽しめる空間=場所が美唄にありました。


安田侃が作る彫刻は、彫刻と言っても石像などではなく、
人が手に触れたり座ったりすることのできる彫刻を
イメージすれば分かりやすいと思います。

もちろん見た目の美しさや陰影の美しさも彫刻で表現されています。


なので公共性があり子供たちが遊んでいたり
腰かけて休んでいる作品の写真が多く見られます。

a0244794_21002111.jpg


また安田侃はここでは彫刻だけでなく地形も少しづつですが
変更を重ねていて雪が積もっていなければ地形の彫刻も楽しめます。


全く安田侃のことを知らなかったのがファンになって帰ってきました。

そして彫刻のような丁寧な手に触るデザインをこれからも目指していきたいと思えた場所

是非北海道に行った際は訪れていただきたいです。

a0244794_21001404.jpg


by vegablog | 2018-04-03 21:00 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

普段着のデザイン 制度

今日は嬉しい頂きものがありました。

a0244794_19080004.jpg

工事期間中に大工さんが小さい鉛筆を使っていたのを見ていたのでしょうか?

これを見たときは笑顔になりました。清水です。


デザインは目に見えるのだけでなく仕組みであったり、パソコンの中身であったり

HPの構成であったりと様々な場所でデザインされていると思います。

デザインとは何か?と改めて考えたくなります。


哲学の面からみると

20世紀英国のデザイナーであるジョン・ヘスケット(John Heskett)は

次のように主張している。

「本質的に剥奪されたデザインは、自然の中で先例のない形で環境を形作り、

人生において我らのニーズを満たしうる」


となんだか難しいですが、最後の部分は何だか腑に落ちます。

”我らのニーズを満たしうる”=デザインすることで欲求を満たすという意味じゃないでしょうか?


社会の中でのデザインは制度だったりします。

制度にも目的があり、制度を利用することで社会が良くなったりと

何かのためにデザインされたものです。


ZEH、ゼロエネルギー住宅、長期優良住宅、地域ごとの補助金など意味があります。


例えばわかりやすい例でいうと

移住定住促進補助金(南さつま市)

これは移住定住者を増やすことで街の活性化という

目的で将来を見据えたデザインがされています。


そんな制度のデザイン家づくりに関する制度は多くあります。


資金相談では制度を利用した賢い返済方法だけでなく、

制度の目的と説明、家づくりの方針の立て方などお話させていただいております。


a0244794_19133021.jpg

個別の資金相談は事前にご連絡いただけるとご都合に合わせられます。

お気軽にご相談くださいませ。



by vegablog | 2018-03-27 19:13 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

普段着のデザイン 映画

故郷の東京は雪が降っています。

誰が春を連れてきたのでしょうか?まだ冬みたいですよ。


清水です。


鹿児島はすっかり春気分ですね。


でもよく考えると東京で学生をしていた時は

特に季節感など意識しなかったです。

なんとなく暖かくなったぐらいでしか意識してなかったです。

鹿児島に来てからなんとなく季節感を意識するようになった気がします。


「この”季節”は西から天気が崩れるから西からの雨が強いんだよ」

「桃の花が咲くと”3月”っていう感じがするね」

「桜島の灰は”季節”ごとに降る場所が違うんだよ」


など会話の中で意識すると季節にまつわる話は多くあります。

また手紙や花、季節の飾り物などは少し先の物を取り入れるのが

粋だそうです。

例えば、桜が咲く少し前の季節に玄関に桜が飾ってあるとか、

手紙の文章の中でも少し先の季語を入れてみるとか

そんな意識しないと分からない息遣いのような表現をしたいです。


表現の面で長けていると思った映画があります。

グザヴィエ・ドラン/たかが世界の終わり



様々な意見はあると思いますこのグザヴィエ・ドランの映画にはそんな空気感や

何か表しにくいものを描いています。

絶対見てほしいとは言いませんがこんな感情表現や自分では伝えにくい、

痒い所に手が届くようなデザインをしていきたいです。



by vegablog | 2018-03-21 18:37 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

普段着のデザイン 習慣

清水です。

桜の開花が例年より今年は早いそうですね。

花見は平安時代に編纂された歴史書、「日本後紀」によると、

嵯峨天皇が催した花宴の節という宴が桜のお花見の起源だとされています。


昔からある習慣のようなものなんですね。


子供の時自転車に乗る練習を毎日していたら

いつの間にか前に進めている

生活のリズムや習慣っていうのは

ある日突然始めていつの間にか身についているものです。


皆さんはそんな習慣などありますか?


ものづくりをしていくうえで人それぞれの習慣を

拾い上げることは一番重要なことです。


ベガハウスではお家の設計をする前にヒアリングと言って

ご家族の暮らしに対するイメージはもちろん、習慣などをお聞きし

ご家族に合った設計をしています


これは設計に入る前だけでなく

家づくりを考え始めた時にご家族で話し合われるのもいいです。


住む土地のイメージやそこで暮らした時のイメージなど

話し合ってみてください。


と普段お客様と話をするときにお伝えしています。

ここで重要なのは意見の違いに気づくことです。

同じ家族でも暮らしに対するイメージや理想、習慣は違うものだと思います。

意見が違えば話をしてどこかで折り合いをつける

これを繰り返してくことで家づくりができてくるのではないでしょうか?


例えばキッチンの事は奥様が、庭の事はご主人といったように担当を

つけるのもいいですね。


話は長くなりましたがベガハウスでは家づくりに対する思いを

お話する場を設けています。


私たちはこんな家づくりをしたい

そもそも自分たちはどのように家づくりをしたいのか分からない

などなど家づくりをこれからしたいと思う方皆さんに参加していただきたいです。


a0244794_15411094.jpg

日程・場所に関してはご相談いただければご都合に合わせます。


【お問い合わせ先】ベガハウス/099-295-0788



by vegablog | 2018-03-20 07:00 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

普段着のデザイン

急に暖かくなり草花もきっとびっくりしています。
清水です。

毎日一番多くの人が利用する部屋はトイレだと思っています。

家族で家にいる時間は違えど必ずといっていいほど使う部屋だ。


そんな部屋が毎日違う花で彩られていたらどんなに素敵な暮らしだろうか。

僕が時々通う茶道の先生のお家は毎日花を変えているそうです。


トイレは誰しもが利用し必ず目にする場所

だからこそ綺麗に保っておきたいし

何か飾り物をするならトイレからした方が

家族に気づいてもらえるかもしれません


今回はそんな毎日目に触れるではなく

手に触れる手摺について


003 手摺と取手のデザインについて


ベガハウスの手すりの形は様々である。階段の手すり、玄関の手すり、

扉の手がけなどなど


目に見えるデザインだけでなく

手に触れるものもしっかりとデザインしています


既製品の決められた形でなく

自分たちで何度も試作を繰り返しながら

さわり心地のいいものを常に探っています。


▼あんどの家の階段手すり

a0244794_18500114.jpg

一見すると見た目は何ともないですが

木の角材を削り出したものです。削り出す時に角を落とすのですが

握り方や手の大きさなどを考えた丸みになっています。


この手すりは

以前休暇の際に行った竹中大工道具館に行った時にあった

階段の手すりからヒントを得たものです。

a0244794_18500832.jpg

▼あんどの家の玄関手すり

a0244794_18501973.jpg

これは靴を脱ぐときに手の支えになる横の棒と

立ち上がるときに掴まる縦の棒で構成しています。

ただ言葉だけだと雰囲気でしか伝わらない。
それが普段着のデザインなんじゃないかと思います。

そんなあんどの家もあと少しでオーナーさんのもとに引き渡されてしまいます。
どうぞ1年かけて変化したあんどの家をもう一度見に来られませんか?



by vegablog | 2018-03-08 18:57 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

普段着のデザイン


春に向けて出かけるプランを考えるのが今の楽しみです。

清水です。


”普段着のデザイン”

これを住宅において考えると


普段着のお家は


質素で気持ちのいい場所


余裕があり無駄がない


居心地のいい場所


品があるシンプルの中に


建築家 吉村順三もきっとそう思ったに違いない。


ベガハウスのデザインの根っこのようなものを

探るとこんな答えが出てくるかもしれない。


”普段着のデザイン”

これはベガハウスのお家を見るだけでは分からない

住んでみて発見できることなのかもしれません。


そんな普段着のデザインを紹介したいと思います。


002 ツマミ


ツマミはつまんで引っ張るだけなのか?

触り心地のいいツマミとは何か?


そんなツマミを考えたり、探していたら、

いつの間にかベガハウス(村澤さん)は作ってしまった。


a0244794_18504832.jpg
▲前仕様のつまみ

ツマミは何度も形を変えて

今の形はツマミを引っ張りやすく

物が引っ掛けやすい

でも出っ張りは少ない

そして主張しない


僕が今住む賃貸のマンションにはものを引っ掛ける場所がない

もちろん既製品のフックなどで対応すればいいのですが

どうも好きになれるデザインに出会わないです。


a0244794_18541934.jpg

▲現仕様のつまみ

でもこのベガハウスのツマミは場所を選ばずつけていたいデザインです。

素材は真鍮を使っていて一本の棒から削り出して作られている。

最初は新品の木と一緒で年を取ることで

くすんだ渋い色合いになる。

これが真鍮の醍醐味で、古くなることで美しくなる古美の要素だと思います。




住宅は様々な素材、要素が組み合わさり複雑に絡み合うことで出来上がる

でもその複雑な様をそのまま表現することで、何か違和感を覚えることになる

私たちベガハウスではその複雑に絡み合った要素を丁寧に紐解き整理する


そんな家づくりをしています。



そんなベガハウスの家づくりが体感できる【あんどの家】は西陵にあります。

どうぞベガハウスの家づくりについて話を聞きに来てみませんか?



by vegablog | 2018-02-27 18:54 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

普段着のデザイン


こんにちは暖かいのか寒いのか、

季節の変わり目のように感じます。

街には梅の花が咲き、散ってきているところもありますでしょうか。


もう春ですね。清水です。


突然ですが僕は昔から着ている洋服があまり変わりません。

仕事の時はジャケットを着ていたりネクタイを締めていたり

しているかもしれません。


でも基本は

襟付きのシャツにスラックスという組み合わせが多く、

それに色は白、紺、淡い青などが多いです。


毎日着ていて飽きのこないのが気に入っているポイントです。


ただ色や大きな形だけ見ると

同じ洋服に見えるのですが、

細かく見ると

洋服一つずつボタンの形や縫い方、襟の形、背の形になどが違います。


僕はこれを毎日着ている中で気付けるもので、

洋服を作ったデザイナーさんからの心遣いなどを感じられる

”普段着のデザイン”だと思っています。


これは洋服に限ったものではなく普段使う調理器具、文房具などの小物からも感じられます。


表面上のデザインだけでなく使う人の感覚や情景などを

意識しながら作られたものなんだと。


こんな思いを感じながら生活にをすると

なんだか心が穏やかになった気がします。


前置きが長くなりましたが。


”普段着のデザイン”

これは洋服や毎日のプロダクトデザインに限った話ではありません。


自分たちが普段暮らしていく中でも多くの

”普段着のデザイン”があります。


それは暮らす場所・・・お家です


僕の暮らす賃貸マンションや多くのお家は既製品などの工業製品を使い

多くの人に使えるよう、デザインされています。


でもそれは必ずしも使われることが前提のデザインではありません。


それは経済的な理由で多くの製品が大量生産され、

生産しやすい形に変化しています。

それが工業製品のデザインです。


そんなパーツが多く使われているのが今住んでいるお家だったりする訳で

それが自分たちの暮らしに合わない、環境に合わない

と頭の片隅にあり

自分に合った家づくりをしたいと思い

ハウスメーカーや、工務店などの

見学会や展示場などに足を運ばれるのではないでしょうか?


今回はそんな工業製品のデザインとは違った

ベガハウスの”普段着のデザイン”について書きたいと思います。

001 造作ソファ

a0244794_07195730.jpg

▲空間に自然に佇む大きなクッションのソファ


ベガハウスのソファはつくる場所や置く場所によって変化します。

床が木だったり、畳だったりと

床の素材が違えば座り方もきっと変わってくると思います。


例えば 鹿児島市西陵にあるベガハウスショーホーム”あんどの家”

ここの1階にある造作ソファは畳のリビングにあるので

座面の高さが低いです。


座面の高さに正解はあるのか?と

聞かれると答えるのが難しいですが、

ベガハウスが作ったらこの高さになりました。と


畳に座った時

ソファに寄りかかる

心地よいクッションが背中を支えてくれる。


こんな何気無い言葉で書くとサラッとしますが

ソファに座った時以外の事も

形や感触、座り心地で、多くの意味をなしています。


例えばクッションの厚み

背中の当たる面の厚みを大きくしています。


座面、背面の膨らみ

座った時に程よい支えになるように綿を入れています。


クッションの硬さ

使い込むたびに自分の好きな柔らかさになっていく

数年経った時に完成するように

中に入っているウレタンの硬さまで選んでいます。


挙げだしたら造作ソファ一つとってもきりがない程

考えて作っています。


でもこれは1回で形にできた訳でなく、何度もの試作や

色んな人の意見を取り入れながら出来たものです。


写真や図面で見るだけは簡単ですが、

実際に作って、座って、言葉に出して意見を

述べる事で初めて形になっていくのだと思います。


それが”普段着のデザイン”になる過程です。

a0244794_07220229.jpg
a0244794_07220632.jpg



このソファが座れる”あんどの家”まだまだご見学できますので、

一度ご見学された方も

是非この”普段着のデザイン”を体感しに来てみませんか?


毎週土日は予約不要です。


連絡先 099-295-0788



by vegablog | 2018-02-20 07:00 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

快適な場所について


こんにちは!
最近の趣味はレーザー温度計でいろいろなところの温度を測ることです!清水です!

そう!レーザー温度計を買いました!
これがなかなか優れものでレーザーを当て1秒もかからずに表面の温度を測ることができます。

これで様々な温度でコーヒーを入れることができます。

お湯の温度が高いほど味がすっきりとして苦みなどの表情がはっきりわかります!(水の沸点)
お湯の温度が低いほど味の輪郭が分かりづらいです。浅煎りの豆や酸味の強い豆などは低めで入れたほうが味のバランスが取れます。。。。

と何か長くなる予感しかしないのでここまでにしておきます。詳しくは清水まで聞いていただければと思います。


さてさて今回は快適な場所について。。。

最近寒い日が続き西陵のショーホームに来られたお客様が口々に
”床暖房入っていますか?”



一般的な、部分、部分を暖かくする床暖房は入っていませんが

空気の流れを利用したパッシブエアコンを使っていて床下から暖かくしています。

”どれくらい暖かいのですか?”

数字で表してもなかなか伝わりにくい部分だと思います。
熱貫流率、熱損失係数しかり、、、数字で比較するのが一番簡単ですが、

実際に住んでいるお家や見学会などで体感していただくのが一番いいかと思います。

ベガハウスではショーホームや実際住んでいるお家を見学するバスツアーやエスコートホームなどを行っています
イベントなどのお知らせはLINEでお知らせしていますので是非ご登録ください!

今月の25日にはバスツアーを行います。是非ご参加ください!


でも一番わかるのは、、、
実際この寒い時期にご見学いただいた方が早いです!笑
ベガハウスショーホームあんどの家を!

でもご都合が合わない方もいらっしゃると思いますので

最近のお気に入りのレーザー温度計の写真と共に載せます!

【あんどの家】 あんどの家 断熱材:デコスドライ(セルロースファイバー) パッシブエアコン 木造2階建て 一階 吹き抜け

▼この日の室内の温度(窓際)
a0244794_15153895.jpg
▼壁温度 ほぼ室温と一緒
a0244794_15182780.jpg
▼トイレ床の温度(ヒートショックの起きやす場所ですよね)
a0244794_15221593.jpg
▼この日の外の気温 非常に風が強く体感温度は零度に近かったです。
ちなみに風速5メートルで体感温度5度下がるそうです。
a0244794_15254107.jpg
【ベガハウス社屋】 社屋 断熱材:デコスドライ(セルロースファイバー) 薪ストーブ 木造3階建て 2階事務所 3m20cm吹き抜け

▼室温20度 ※同日ほぼ同時刻
a0244794_15262622.jpg
▼社屋窓際 外壁面の壁
a0244794_15272673.jpg
▼木製建具
a0244794_15294011.jpg
▼薪ストーブ 側面 さすがに暑い
a0244794_15311875.jpg

【清水自宅】 ルームエアコン 5階建てRC最上階 

▼自宅室温
外気温は4度でした。鹿児島市内でもこの次の日は雪が降りましたよ。
a0244794_15330624.jpg


▼外壁の温度
a0244794_15350354.jpg

▼外壁面壁温度

a0244794_15362005.jpg
▼アルミサッシ

a0244794_15375188.jpg
▼床の温度
a0244794_15381556.jpg
ざっくり今週一週間の観察はこんな感じでした。

このレーザー温度計1600円で購入できますので是非!





by vegablog | 2018-02-13 15:49 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)

土地の購入の前に

こんにちは

今年は何だか寒い気がします。しかし故郷の東京の様子を見ると鹿児島が何だかましな気がします。

でもやっぱり寒いです。清水です。


さて今回は土地の購入に関しての注意点。


チラシやメーカー、不動産屋さんからもらった土地情報で一目ぼれの土地に出会い、一大決心で土地を購入!

でもここでもしっかり注意しないと家づくりで苦労することがあります。


チェックしないといけないポイント・・・

以下のポイントは購入前にメーカー、不動産屋さんに一度質問してみることをお勧めします!


・土地にかかる金額がしっかり把握できているのか?

水道の引き込み費用、造成費用、近隣の地盤調査状況などなど土地にかかる金額は多いです。

→ベガハウスではこれらを報告書に金額まとめて資金計画書に盛り込んでいます


・建てるメーカーや工務店などは決めましたか?

建てる会社によって建物の金額が違います。ネットだけで情報収集ではなく実際に見学会などに足を運び素材の質感、使っている材料の意味や特徴を聞いてみてください。

→ベガハウスでは土地と建物の金額と合わせながらお話をしています。また地域に合わせた材料などの提案も行います。


・購入前はどのような土地だったのか?

建てる場所が畑や田んぼの場合土を入れ替えないといけない場合もあります。

また、建物解体後の土地の中にごみが混入していたりするとそのあとの工事に支障が出ます。

→ベガハウスでは一緒に不動産さんと確認します。

などなど土地を購入する前にチェックしないといけないことが多くあります。

a0244794_08371103.jpg


土地探しセミナーではこういった土地購入前の注意点についてお話をさせていただきます。


今月の土地探しセミナーは

18日日曜日(要予約)となっています。



その他土地に関するご相談などお気軽にご相談いただければと思います。


ご連絡お待ちしております。

tel/099-295-0788




by vegablog | 2018-02-06 08:37 | [清水blog] 家づくりたまには映画 | Comments(0)


VEGA HOUSE スタッフの日々の出来事


by vegablog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■見学会情報
■イベント情報
■お知らせ
■ベガイク
■スケッチが形に
■ディレクターの仕事
[社長blog] 日々是鍛錬
[大迫blog] Free
[坂元blog] 水曜大工
[福迫blog] スポーツ&健康
[長田blog] ひかりとかげ
[幸野blog] 我が家の暮らし
[小斉平blog] 季節の便り
[廿枝blog] 植物たち
[大木blog] 子供たち
[味園blog] 
[谷blog] 鹿児島巡礼
[清水blog] 家づくりたまには映画
[中池blog] 大工修行
[中池blog] 業者さん紹介
[大山blog] 音のある暮らし
[広報blog] VFお家訪問
[織田blog] 暮らし
[日置blog] 職人紹介
[福永blog] 勉強会
[研修生BLOG]

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

記事ランキング

画像一覧

検索