志布志の平屋。内部造作中。

梅雨明けの尋常ではない湿度が抜けてきましたね。味園です。それでもかなり暑いですが(笑)

さて、今回の家づくりレポートは内部造作がどんどん進んでいる志布志の平屋です○

志布志の平屋を担当してくれている大工さんは大隅担当の垂水の大工さんで、これまでの大隅のお客様はほとんどこの2人で施工させていただいております。

棟梁は小畑さん。かれこれベガハウスとの付き合いは30年弱の大ベテランです。勘の良さがすごく、現場監督の経験もある頼もしい大工さんです。
a0244794_09070486.jpg
後ろ向きですみません。いわゆる大工さんの恰好ではなく、ジーパンスタイルです笑。脱衣室の下地を組んでいます。

小畑さんの名パートナーといえばこの人、川原大工さんです。
a0244794_09092860.jpg
コチラも後ろ向き汗。仕事がとても速く、大工さんたちのムードメーカーとしても活躍しています。昨年の大工MVP受賞者です○

残す仕事は天井と造作家具!外は暑いけど家の中には風が入ってきてとても気持ちが良いです○

そんななか外作業をしている塗装屋さん。
a0244794_09313774.jpg
釘の跡をなくすためにパテをしているところです。

断熱工事がしっかり行われているかを第三者機関の検査も受けています。
a0244794_09332484.jpg
大工さん、塗装屋さん、板金屋さん、電気屋さん等々、いろいろな人の力を集めて一棟の家が出来ていきます。

8月末の見学会に向けて現場は毎日進んでいきます○


これまでをまとめた記事はこちらから

by vegablog | 2018-07-19 09:38 | Comments(0)