杉を焼く


こんばんは。

徐々に夏が近づいていますね。上塘です。






ショーホームでも外壁に使われている「焼杉」

杉材を焼いて表面を炭化させた外壁材ですが、

実はベガハウス社屋の駐車場で焼いています。

今回はその様子を少しご紹介。




まずは杉板を用意。
a0244794_19101808.jpg


杉板を三角形に組みます。
a0244794_19100727.jpg


写真のように立てて、中に火種を入れるとあっという間に火が付きます。
a0244794_19120861.jpg

バールを板と板の間に差し込んで、板の重なりをずらすことで、木口もしっかりと焼いていきます。
厚手の手袋を装着し、やけどに気を付けながら・・・
a0244794_19113713.jpg

しっかり焼けたら、水をかけて表面の熱を冷まして出来上がり。

a0244794_19095180.jpg

あとはこれの繰り返しです。

木の組み方や木口の焼き方を考慮すると、3枚1組で焼くのがベスト。

手間暇かけて丁寧に焼いています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎2018ショーホーム@鹿児島市山田町 好評公開中!
10:00-17:00平日[予約制]/土日祝[予約不要]
※ショーホームにつきまして、毎週水・隔週木曜日は定休日とさせていただきます。

a0244794_17595868.jpg

VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by vegablog | 2018-05-11 20:01 | Comments(0)