[清水blog] 

普段着のデザイン

急に暖かくなり草花もきっとびっくりしています。
清水です。

毎日一番多くの人が利用する部屋はトイレだと思っています。

家族で家にいる時間は違えど必ずといっていいほど使う部屋だ。


そんな部屋が毎日違う花で彩られていたらどんなに素敵な暮らしだろうか。

僕が時々通う茶道の先生のお家は毎日花を変えているそうです。


トイレは誰しもが利用し必ず目にする場所

だからこそ綺麗に保っておきたいし

何か飾り物をするならトイレからした方が

家族に気づいてもらえるかもしれません


今回はそんな毎日目に触れるではなく

手に触れる手摺について


003 手摺と取手のデザインについて


ベガハウスの手すりの形は様々である。階段の手すり、玄関の手すり、

扉の手がけなどなど


目に見えるデザインだけでなく

手に触れるものもしっかりとデザインしています


既製品の決められた形でなく

自分たちで何度も試作を繰り返しながら

さわり心地のいいものを常に探っています。


▼あんどの家の階段手すり

a0244794_18500114.jpg

一見すると見た目は何ともないですが

木の角材を削り出したものです。削り出す時に角を落とすのですが

握り方や手の大きさなどを考えた丸みになっています。


この手すりは

以前休暇の際に行った竹中大工道具館に行った時にあった

階段の手すりからヒントを得たものです。

a0244794_18500832.jpg

▼あんどの家の玄関手すり

a0244794_18501973.jpg

これは靴を脱ぐときに手の支えになる横の棒と

立ち上がるときに掴まる縦の棒で構成しています。

ただ言葉だけだと雰囲気でしか伝わらない。
それが普段着のデザインなんじゃないかと思います。

そんなあんどの家もあと少しでオーナーさんのもとに引き渡されてしまいます。
どうぞ1年かけて変化したあんどの家をもう一度見に来られませんか?



by vegablog | 2018-03-08 18:57 | [清水blog]  | Comments(0)