家の要”基礎”について!



先日の鹿児島は大雪が降って、本当に南国なの?と思ってしまった兵庫出身の日置です。


今回は、家を建てる時には必須の「基礎」について説明してみたいと思います。

まず、基礎とは主に、上に立つ家の重さを地面に伝える役割があります。

住宅の基礎の種類は、布基礎とベタ基礎というものが代表的ですが。

今回はベガハウスで施工しているベタ基礎について、現場写真とスケッチを元に説明していきたいと思います。

まず、基礎工事のはじまりは遣り方をして床掘をしていきます。

遣り方は、木杭に水糸を張って基礎の基準を出します。

その後、床掘という作業に入って基礎の形にショベルカーを使って外周を掘って行きます。

a0244794_23272470.jpg


a0244794_2326591.jpg


次に、砕石という石を床掘したところに敷き詰めていきます。

また、地面からの湿気が基礎内に上がって来ないように防湿シートを全体に張っていきます。

a0244794_23275630.jpg


a0244794_23274364.jpg


床掘周りに捨てコンクリートを打設します。

捨てコンクリートは名前の通り、構造になるコンクリートとは別で

型枠が平行になるようにするために打設するコンクリートです。

まず、外周部の型枠を設置し、鉄筋を配筋していきます。

鉄筋を配筋し終わった段階で第三者である業者さんに「配筋検査」をしてもらいます。

基礎の骨である配筋が正しく施工されているか厳しいチェックをしていただきます。

a0244794_23284059.jpg


a0244794_23281361.jpg


a0244794_23282561.jpg


a0244794_23404530.jpg

※地鎮祭の際に頂く鎮め物もしっかり基礎の中に入れて、家の安全を祈願します。



次に、配筋検査が完了すると、いよいよ基礎のコンクリートを打設していきます。

まず、ベースコンクリートを打って水平になるようにきれいに打ちます。

これが仕上がりになるので丁寧に作業されています。

a0244794_23293844.jpg


a0244794_23292439.jpg


ベースコンクリートが固まると内部の立上り打つために内部型枠を設置し

コンクリートを流し込んでいきます。

このままコンクリートが固まるまで養生をします。

a0244794_23301083.jpg


a0244794_23295958.jpg


十分に養生が完了すると型枠をはずして、土を均すと基礎工事が完成します。

a0244794_23303155.jpg


a0244794_23304255.jpg


今回ご紹介した現場は私の第1棟目の物件になります。

基礎工事が完了してワクワクが止まりません!

しかし、これからが大工工事のはじまりです!お客様と一緒に家づくりをしっかりとしていきます。

完成を楽しみにしておいてください!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ベガハウス ショーホーム・見学会情報

◎2月完成見学会【予約制】
 「下荒田の二階リビング」
 2016.2.14(日)10:00-17:00[要予約]

◎1月バスツアー【予約制】
 ベガハウスのバスツアー@鹿児島市
 2016.1.31(日)13:00-17:00[要予約]

◎2015ショーホーム@鹿児島市東谷山
 「深い庇と車寄せのある平屋」 
 毎日オープン 10:00~18:00 [予約不要]

◎2015ショーホーム@鹿屋市新川町 
 「庭に石土間のある高天井の平屋」
 毎日オープン 11:00~17:00 [土日祝:予約不要/平日:要予約]

※ショーホームにつきまして、毎週水・木曜日は定休日とさせていただきます。

d0180425_196057.jpg


                VEGA HOUSE webサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by vegablog | 2016-01-30 23:45 | Comments(0)